(c)MBS

写真拡大 (全3枚)

「盛・粒・枚・袋・瓶・個…」から「何時何分何秒」「1個、1つ」など、「日本語の数え方は、現代では500種類あります」というのは、中央大学言語学の飯田朝子教授。そのうち、日常使っている数え方(助数詞)は、大人で120種類、小学生は80種類程度。「実は、その短い数字の後ろにつける言葉の中にいろんな意味とか数えるものをどう捉えているのかという情報が入っています」と飯田教授。例えば…「可愛い犬が“2匹”並んで散歩していました」と「可愛い犬が“2頭”並んで散歩していました」。この話しを聞くと想像する犬の大きさが違ってこないだろうか。“2匹”は小型犬で、“2頭”は大型犬。知らず知らずのうちに犬の特徴までも「数え方(助数詞)」でイメージしている。そこで、2月14日(木)に放送された「コトノハ図鑑」(MBS)では、街に出て「数え方」を採取した。取材は、MBSの松井愛アナウンサーと辻沙穂里アナウンサーが担当。「提灯」「ブロッコリー」「ハガキ」「反物」などはどう数えるのか? さらに、七変化するマグロの「数え方」なども徹底調査した。

ハガキは通?枚?

 2人は大阪の「天神橋筋商店街」で調査を開始した。まずは「ハガキ」。「通」なのか「枚」なのか。販売されている状態では「1枚、2枚」だが、このハガキに文字を書き、ポストに投函し相手に届いたハガキは「1通、2通」となる。さらに、ハガキは「葉書」と書くことから、「一葉(よう)、二葉(よう)」という数え方もあるという。「手のひらの上にのせて眺めていたいものという意味もあります」と飯田教授。「大切な人からの葉書は一葉と数えたらいいのではないでしょうか」。

商品価値がUPする!
みかんは「1個、2個」と数えるが、袋に入ると「1袋、2袋」。では、青果店で売られている状態の「ブロッコリー」の数え方は分かるだろか。正解は「1株、2株」。軸から外すと「1個、2個」と数える。そして、みかんやはっさくなどの果物について飯田教授は「1個と数えてもいいのですが、最近は"玉"と数えるお店が増えています」という。その理由として「"1玉"というと、丸々としてみずみずしいイメージとなり、果物の価値が上がって高級感がでるので」と解説した。最近ではチョコレートを「1個」ではなく「ひと粒」、弁当は「1個」ではなく、「ひと折」という店も増えている。このように記載することで、商品価値を高め購買意欲に結びついているという。

反物の数え方は「お尻」が関係していた?
「天神橋筋商店街」のアーケードに飾られている数々の大きな提灯(ちょうちん)。この商店街のシンボルにもなっている。では、提灯はどう数えるのか。松井アナは辻アナに「この提灯はどう数えますか?」と質問すると、「大きいので"玉"ですか?」と返答したが、答えは「張り」。「ひと張り、ふた張り」という。骨組みに紙を張って作ったものなので「張り」。同じ仕組みの和傘も「ひと張り」と数える。続いて「着物」の数え方について。「丸まったままを"一反(いったん)"、着物を着ている状態になると"1着"。または、"ひと揃い"になります」と、呉服店の店員。続けて「脱いで畳んだ状態になりますと、"1枚"になります」と説明した。このほか、この反物は「2反で1匹」というのだが、なぜ生き物でもない着物を「匹」と呼ぶのか。「匹」という漢字は、もともと2つのものがあるという意味があることから、「反物二反が一匹」となったという。では、なぜ「匹」が動物の数え方になったのか。「もともとは、牛や馬の数え方から発生しました。私達は農耕や荷物の運搬で牛や馬を使っていました。後ろから動物を見ることが多かったので、お尻の形が2つに割れていて"一対のお尻の形"から"匹"と数えるようになりました」と飯田教授。そこから生き物全般を「匹」と数えるようになったという。

七変化するマグロの数え方!

「マグロ」は釣り上げられてから調理するまで、数え方がコロコロと七変化する。まず、海で泳いでいるマグロは「1匹」。そして、釣り上げられて冷凍されたマグロは「1本」となり、5枚に解体されたマグロは「1筋」と数え、それをさらに切っていくと「1塊(ころ)」。次に「1塊」を切ると「1柵」。切り身になると「1切れ」となって最後にそれを盛り付けるとお造り「ひと盛り」となる。知らず知らずのうちに使い分けていたモノの「数え方」。明日から「数え方」を意識してみると意外な発見があるかも知れない。

「コトノハ図鑑」(MBS 毎週木 よる0時59分放送)は、MBSのアナウンサーが「コトノハ図鑑」の編集者として様々な分野の"言葉(コトノハ)"の世界を取材。「アナウンサーが言葉を学ぶこと」を通して、視聴者にも発見を届ける。"コトノハ"を深く知れば、『人生が少し豊かになる』をコンセプトに知的好奇心をくすぐる番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!
「コトノハ図鑑」では無料見逃し配信を実施しています!
過去の放送はこちらからご覧ください。