議連の発起人、樽井良和衆院議員

 空前の格闘技ブームで沸く日本に、更なる格闘技の振興を図るべく格闘技振興議員連盟が発足。その設立総会が28日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館で開かれた。会長には野田佳彦元国対委員長、事務局長には樽井良和衆院議員が選任され、近年、スポーツイベントとして、世界有数の地位を築いたK-1やPRIDEといった格闘技エンターテインメントを国の代表的なスポーツとして認識し、その振興に向け具体的な施策を打ち出していく。

 同議連は衆参両議員36人で構成。設立総会の冒頭では、議連の発起人でもある樽井氏が「わが国の強みである格闘技を国の代表的スポーツとして認識し、日本を世界の格闘技のメッカとして位置付け、アピールし、振興に向けての具体的施策を打ち出したい」と挨拶。昨今、落ちていく団体や業界を助けることが多い中で、格闘技の様に盛り上がっている業界を後押しするということも、強い政治の体制を作る布石の一つとして捉え、将来的には超党派による活動も視野に入れていくという。

 今後の施策案としては、『礼に始まり、礼に終わる』に代表される武道の精神を学校教育に組み込み、人格形成に役立てるといったことや、PRIDEやK-1の経済効果を鑑み、4年に一度の大祭典や格闘技博物館の設立等があがった。