家電量販店のスマホ設定は高くない!ここぞというとき使いたい設定サービス

写真拡大

最近、家電量販店でのスマホ設定やサポートが高過ぎるのではないかとネットで騒がれている。
例えば、
・アプリのインストール 950円
・グーグルアカウント(Gmail)設定 950円
・パソコンとの同期設定 1450円

といった具合だ。
もともとそういったことができるよという人からすると高く感じるかもしれないが、実はこの設定料金はそれほど高い金額ではないのだ。

●料金は内容よりも設定にかかる時間
自分で設定かできるスマホに詳しい人が高いと感じる料金だが、この料金設定は内容ではなく、設定にかかる時間がポイントなのだ。
例えば「グーグルアカウント(Gmail)設定」を行った場合
・スタッフがグーグルアカウントについて説明を行う。
 そもそも説明が不要な人であれば、自分で設定できる。
・希望のグーグルアカウント(Gmailメールアドレス)とパスワードを設定してもらう
・アカウント設定を代行して処理をする
・最後に動作確認と、操作方法を伝える

この一連の作業と説明で、スタッフがつきっきりで対処する。
その間の拘束時間を950円と考えれば、時給換算でも決して高いものではないだろう。

作業の説明やアカウント作成の確認など、単純に設定作業よりも長い時間がかかってしまうことから、高めの料金設定になるのはしかたない。
さらに、設定サポート料金の金額設定は携帯電話というよりも、パソコンの設定に近いものというのも、設定料金の基準となっているのであろう。

●スマホに詳しい人でも使って欲しいサポートは?
そもそもスマホに詳しい人はさまざまな設定を自分でできるため、設定サポートを頼む必要はない。
設定サポートはあくまでも
・スマホ初心者
・機械が苦手な人

を対象としたサービスなのだ。

しかし、初心者向けのスマホ設定サービスにも、スマホに詳しい人が受けても便利なサービスもあるのを知っているだろうか。

それは、「ディスプレイ保護シート貼り付け代行」である。
器用な人でも、ディスプレイ保護シートの貼り付けは難易度が高い。
特に最近のスマホはディスプレイサイズが大型化しているうえ、ディスプレイガラスの端がラウンドした機種しも増えており、保護シートの貼り付けは、以前よりも難易度があがっているのだ。

そこで家電量販店などでサポートされている保護シート貼り付け代行を利用するわけだ。
1枚あたり数百円で貼り付けてくれる。担当スタッフは,保護シート貼りを何回も経験しているため、チリ一つ無い状態で綺麗に貼り付けてくれる。

スマホの設定はお手の物だが、ディスプレイ保護シートを貼るのはちょっと苦手という人は、家電量販店の設定サポートにお願いしてみると良いだろう。
布施 繁樹