韓国旅行客の日本旅行不買運動が11月にも続いた。「日本を訪れる韓国人観客数の減少傾向が底を打った」という日本国内の分析とは異なる様相だ。今月2日、韓国旅行大手モドゥツアーとハナツアーが公開した11月の海外旅行募客資料によると、日本旅行商品の需要は昨年同月よりそれぞれ90.3%、80.4%減少した。ハナツアーの場合、10月82.3%より減少率は小さかったが、8月(−76.9%)と9月(−75.4%)