大阪府大東市の阪奈病院は17日、この2年間、入院中の19人が多剤耐性アシネトバクターに感染していたと明らかにした。18人は死亡し、うち1人は感染と死亡の因果関係が否定できないという。