麺の食感を決める大きな要素は原料である小麦の化学的特質訳あって米飯を控えていた時期がある。その頃、米の代わりに主食のように毎日食べていたのが「うどん」である。食事はささっと済ませたいタイプなので、調理の手間がかからない、コンビニやスーパーに売っている冷凍や冷蔵のうどんを主に食べていた。だが、飛び抜けて美味しいわけではないものの、不思議と飽きなかった。おそらく、飽きのこない大きな理由は、あの「