任天堂が1985年にファミリーコンピュータ向けゲームソフトとして発売した「スーパーマリオブラザーズ」は、2020年9月で35周年を迎えます。これを記念し、任天堂はほぼすべてのスーパーマリオ作品をNintendo Switch向けにリマスターすることを計画していると海外ゲームメディアが報じました。

Nintendo has big plans for Super Mario Bros.’ 35th anniversary | VGC

https://www.videogameschronicle.com/news/super-mario-bros-35th-anniversary/

Sources: Nintendo Switch 2020 line-up dominated by Mario games old and new ? Eurogamer.net

https://www.eurogamer.net/articles/2020-03-30-sources-nintendo-switch-2020-line-up-dominated-by-mario-games-old-and-new

海外ゲームメディアのVGCが複数の関係者から入手した情報によると、任天堂は同社の人気シリーズであるスーパーマリオブラザーズシリーズのほとんどの作品をNintendo Switch向けにリマスターすることを計画しているとのこと。

また、海外ゲームメディアのEurogamer.netによると、Nintendo Switch向けのリマスター版には1996年にNINTENDO64向けに発売された「スーパーマリオ64」、2002年にニンテンドーゲームキューブ向けに発売された「スーパーマリオサンシャイン」、2007年にWii向けに発売された「スーパーマリオギャラクシー」といった、スーパーマリオブラザーズシリーズとは異なる作品も含まれます。

なお、2020年に任天堂はペーパーマリオシリーズの最新作や、2013年に発売された「スーパーマリオ 3Dワールド」のリマスター版といった他のマリオ作品もリリース予定とのこと。

VGCによると、スーパーマリオブラザーズ35周年を記念してリリースされるリマスター版は、任天堂とユニバーサル・スタジオの業務提携により生まれた「SUPER NINTENDO WORLD」、2017年に報じられたスーパーマリオブラザーズのアニメーション映画と共に35周年記念として詳細が発表されるそうです。

なお、既に発表されている「レゴスーパーマリオ」もスーパーマリオブラザーズの35周年を記念したプロジェクトの一部だそう。

マリオを現実世界のレゴ製ステージで動かして遊ぶ「レゴスーパーマリオ」 - GIGAZINE

元は2020年6月に開催予定であった世界最大級のゲーム関連展示会である「E3」の中で、スーパーマリオブラザーズシリーズ35周年記念の発表が行われる予定だった模様。ただし、E3が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止を発表したため、任天堂は代わりに何かしらのイベントもしくは映像を配信して詳細を明らかにすることとなるものと思われます。