メガネで理想の自分になれる!?プロが教える「おしゃれメガネの法則」

ファッションアイテムとしてメガネを楽しむ人が増え、伊達メガネをする人も増加中。でも、自分にぴったり合うメガネを探すのはなかなか難しいもの。つい無難なデザインを選んでしまったり、そもそも似合っているか自信がない…ということも。

「メガネを選ぶとき、それまで掛けていたのと似たタイプのメガネを選ぶ方が多いんです。見慣れているから安心感があるんですね。しかし、本当の意味で“似合っているメガネ”は、その方の魅力的な表情を引き出し、全身の印象までコーディネートしてくれるもの。メガネの選び方をちょっと変えるだけで、もっと自分に似合うメガネに出会えますよ」と教えてくれたのは、デザイン性に優れたメガネをそろえるセレクトショップ「GLOBE SPECS」の岡田哲哉さん。今回は、自分をより魅力的に、おしゃれに見せるメガネの選び方を教えてもらいました!

なりたい印象別メガネの選び方


「メガネを選ぶときにまず大事なのは、『どんな自分に見られたいか』をイメージすること」(岡田さん)
まずは、なりたい雰囲気別メガネの選び方をご紹介します。

●シャープな印象に見せたいなら

→四角いフレーム


直線的なデザインや下側が少し上がっているタイプのフレームがおすすめ。細身のタイプや角が丸いタイプなら、やさしい雰囲気が出るので女性にも掛けやすいです。色はやや濃い色で黒、濃いグリーン、グレーなどを選ぶと○。
例えばこんなタイプ


右/カーキのべっこう柄スクエアタイプ Robert Marc「810」40,000円(税別)
左/青と茶色の細身ウェリントンタイプ Anne et Valentin「NO LIMIT」31,000円(税別)

●やわらかな印象に見せたいなら

→丸みのあるフレーム


丸型、楕円型のフレームはやわらかない印象を与えます。合わせにくくハードルが高いと思われがちですが、意外とどんな顔のタイプにも似合います。黒は少しきつい印象になるので、明るい色や薄い茶色などがおすすめです。おしゃれな印象になり、コーディネートのアクセントとしても大活躍するはず。

例えばこんなタイプ


右/赤のボストンタイプ Anne et Valentin「NO CONTROL」31,000円(税別)
左/茶色のグラデーション、小降りのボストンタイプ Lunor「226」34,000円(税別)

●女性らしくセクシーな印象に見せたいなら

→キャッツアイ、フォックスのフレーム


少しつり上がったデザインのフレームを選んでみてください。上のラインが上がっているデザインは個性が強いですが、セクシーな印象に。上がオーバルで丸みがあって、下が上がっているタイプはクセがなく掛けやすいデザイン。リフトアップ効果があり、元気な印象になります。

例えばこんなタイプ


右/明るめのべっこう柄、フォックスタイプ Anne et Valentin「FACTORY 16」 37,000円(税別)
左/緑のべっこう柄、少しつり上がったウェリントンタイプ Anne et Valentin「FAIRY」38,000円(税別)

●明るい印象に見せたいなら

→ワンポイントでアクセントになる色があるフレーム


赤や白などのはっきりした色は明るく元気な印象に見せてくれます。デイリー使いするにはちょっとハードルが高いという人は、黒や茶色などのベーシックな色のフレームで、どこかにアクセントがあるデザインを選んでみてください。耳にかける部分やフレームの裏側に明るい色が入っているだけで顔が明るく見えます。

もちろん、フレームの形や太さ、色などによって印象が変わってきます。上記を参考にしながら、ショップでいろいろ試してみてください。

メガネファッションを楽しむコツ


「メガネは顔のバランスだけでなく、全身のコーディネートで確認することが大切。洋服や小物とのバランスもチェックしましょう」(岡田さん)。ここではフレームの色別コーディネートのコツをご紹介。

●黒フレームのコーディネート

ベーシックなカラーなので基本的には何でもOK。しかし黒いフレームは自分に対してきつい印象に見えがちで「自分には似合わないのでは…」と思っている人が多いのも事実。黒を掛けこなすには、ベルトや靴、バッグなどに黒を取り入れて、メガネだけに視線を集まらないようにコーディネートするのがポイント。また、青や白の服に、黒いメガネをあわせると相性抜群で、さらにコーディネートのバランスがよくなります。

●カラーフレームのコーディネート

黒やグレーなど落ち着いた色の服が多い人は、あえてカラーフレームのメガネを取り入れてアクセントにしてみて。メガネのカラーと同系色を服装や小物に取り入れるとコーディネートしやすくなります。紫、薄いグリーン、ワインレッド、薄いターコイズなどは、黒や茶色と同様にいろいろな服と合わせやすく、デイリー使いとしても大活躍。赤、青などのフレームはたまにかけるアクセント用に。

「メガネを選ぶとき、今よりもほんのちょっとだけ踏み込んでみることで、新しい自分に出会えると思います。自分に似合うメガネを見つける一番のコツは、センスを信頼できるお店のスタッフを見つけて相談すること。『メガネを掛けた自分、かわいい!』と思えるような、とっておきのメガネを探してみてください」と岡田さん。

ぜひ、その日のコーディネートに合わせてメガネを着こなして、なりたい自分を演出してみてください!


お話を伺った「GLOBE SPECS」代表・岡田さん。「センスを信頼できるスタッフを見つけることが、似合うメガネを見つける一番のコツ」だそう。

監修協力
GLOBE SPECS (グローブスペックス)渋谷店

住所:東京都渋谷区神南1-7-9 1F
TEL:03-5459-8377
営業時間:11:00 〜20:00
GLOBE SPECS公式ホームページ

メガネ好きで、異なる立場でメガネの仕事をしてきた3人の仲間が集り、1998年に東京・渋谷にオープン。「快適に見る・掛けられる」というメガネの基本品質と技術を追求し続けながら、メガネの楽しさ、うれしさ、ファッションといった要素を付け加えていくまったく新しいタイプのメガネ専門店の確立を目指す。海外での買い付けを頻繁に行い、幅広いデザインのメガネを扱っている。広々とした店内にはソファや全身の鏡があり、ゆったりと自分に似合うメガネを探すことができる。

<photo:Tomomi Kobayashi/top design:tongpoo/text:Kayo Murakami(K-Writer’s Club)>

目覚めよ、グータラ女子! 「恋を逃がす風水ランキング」を発表
自分史上最高にかわいく撮られたい! お悩み別 「美写りテク」
いつものメイクで損してる!? 運命を変える 開運メイク