「LIGNOFLEX Shoehorn」

写真拡大

名古屋木材は、薬品を一切使用せずに木材を柔らかくする圧縮加工技術を活用した靴べら「LIGNOFLEX Shoehorn」を、2012年3月23日に発売した。

岐阜大学と共同開発した圧縮加工技術(リグノフレックス加工)で、木材に柔軟性を持たせたので、未使用時は平らな状態だが、靴を履くときには靴べらの先端部分がかかとに合わせて湾曲し、携帯に便利かつスムーズに使用できる。木材には日本固有の樹木である杉を使用し、リグノフレックス加工を施しても木の香りやぬくもりが損なわれないようにした。

形状は、右手・左手のどちらでも使用できるユニバーサルデザインに配慮し、グリップ部分は靴から靴べらを抜く際にすべりにくくしている。

価格は、8000円。