三笘薫がSNSで今季を総括【写真:徳原聾機

写真拡大 (全2枚)

三笘は負傷で悔しい1年に

 イングランド1部ブライトンは5月19日、プレミアリーグ最終節マンチェスター・ユナイテッド戦で0-2の敗戦を喫した。

 ホームで行われた最終戦のセレモニーではベンチ外だった日本代表MF三笘薫も夫人とともに登場。自身の公式インスタグラムでは20日に迎えた27歳の誕生日を報告しつつ、夫人との2ショットを初公開した。

 試合は0-0で推移したなか、後半28分、ロングパスに反応したDFディオゴ・ダロトに秀逸なポストプレーからネットを揺らされて先制を許した。さらに後半43分にFWラスムス・ホイルンドに追加点を挙げられ、0-2の黒星で今シーズンに幕を閉じた。

 試合後、ピッチ上で行われたセレモニーには負傷離脱中の三笘も登場し、夫人とともにピッチを周回した。三笘がインタビューに応じる際には夫人が数歩下がって配慮するシーンもあり、反響を呼んでいた。

 そんななか、三笘が自身の公式インスタグラムを更新。20日に27歳の誕生日を迎えた三笘は「今シーズンもご声援ありがとうございました。怪我の影響で難しいシーズンとなりましたが、ヨーロッパリーグなど素晴らしい経験もできました。そして最高のコーチや選手たちと戦う機会に本当に感謝しています。今日で27歳になりました。すべてに感謝します」と英語で投稿。添えた写真はスタジアム、自身が拍手を送るシーン、そして夫人の“顔出し”2ショットを初公開した。

 2人が寄り添うショットにSNS上では「顔出ししてて驚き」「奥さんとのツーショ載ってて声出た」など驚嘆の声もあり、コメントで「ツーショステキ」「お二人の笑顔が見られて嬉しい」「奥様とのツーショット、とても素敵!!」と大きな反響を呼んでいた。(FOOTBALL ZONE編集部)