ひろゆき氏

写真拡大

 実業家ひろゆき氏が10日、ツイッターに投稿。9月27日に実施予定の安倍晋三元首相の国葬に反対意見があることに、「国葬の反対デモをやるのは言論の自由なので、好きにやればいいと思います」と記した。

 一方で「ただ、葬儀の会場を取り囲んでやるべきではないと考えています」と指摘。「目立つためには遺族でも参列者でも迷惑をかけていいという考え方は良くないとおいらは思います」との考えを示した。

 ひろゆき氏は、これに先立つ別投稿では、「『国葬に反対だけど、葬式は静かに見守る』という大人の対応をすべきかと。安倍氏の国葬に反対という意思表示は表現の自由で守られるべきですが、葬式で集まって騒ぐのは不道徳」と投稿した。

 また、立憲民主党の辻元清美参院議員や、蓮舫参院議員はツイッターに、岸田文雄首相からの国葬の案内状の写真をアップしたうえで、「欠席します」と表明している。

 ひろゆき氏は「人の葬式に行かない人は、黙って行かなければいいだけです。『行きません』とわざわざ言う必要はないと思います。遺族と参列者に失礼です」とも投稿している。

 そのうえで「葬式に行かない人に『行くべきだ』という人は野暮です。弔意を表す、表さない、表し方は、個人の自由です。強制されたものは本心からの弔意ではないです」としている。