☆ひき肉となすのカレー
「スパイスカレーで7キロやせました」。にわかには信じられない、この事実。『おいしくやせる!簡単スパイスカレー』の著者、印度カリー子さんは、実際にカレーを食べ続け、1年で7キロやせた強者です。

 市販のカレールーも小麦粉も使用せず、使用するのは素材とスパイスのみ。え? けっこう難しそう、と怯んだあなた。本書によると、「3つのスパイスを使えば、料理初心者の方でも簡単に作れるものばかり」。なおかつ100kcal以下のカレーもあるというから、驚き。試さない手はないですよね。

◆スパイスカレーはダイエットにぴったり?

 スパイスカレーがダイエットにおすすめなのは、日本のカレーのように小麦粉やバターをたっぷり使わないから。「グレイビー」というカレーの素のようなものと、肉と野菜を一緒に炒めるだけでOK。香辛料が体に優しく、使う油の量に気をつければ低カロリーで作れちゃうんです。さらに・・・

・スパイスの香りや刺激によって食事の満足度が高まる
・簡単に作れるから続けられる
・スパイスや具材の組み合わせ次第で、毎日新しい味に出会える

 といった嬉しい特徴もあります!

◆スパイスカレーの素「グレイビー」の作り方

 まずは、スパイスカレーの素となる「グレイビー」の作り方を本書から抜粋してみました。

【材料(4人分)/237kcal】
玉ねぎ   1個(200g)
トマト  1個(100g)
塩  小さじ1
サラダ油  大さじ1
にんにく  1かけ(6g)
※チューブ入りの場合は3僂曚
しょうが  1かけ(15g)
※チューブ入りの場合は3僂曚

(A) 基本のパウダースパイス
クミン  小さじ1(8kcal)
ターメリック  小さじ1(7kcal)
コリアンダー  小さじ1(5kcal)

(B) 辛さを加えるスパイス
レッドチリパウダー  小さじ1(7kcal)
ブラックペッパー  小さじ1(7kcal)
青唐辛子  1/4本(5kcal)

<つくり方>
1. 玉ねぎの根元の部分を残したまま、十字に切る。
2. スライサーで十字に切った玉ねぎをスライスする。包丁で薄切りにするか、みじん切りでもOK。
3. にんにく、しょうがはみじん切り。トマトはざく切りにする。
4. 油大さじ1をフライパンに熱し、中〜強火でにんにくとしょうがを1分ほど炒める。
5. 玉ねぎを加えて、中〜強火で5〜6分炒める(みじん切りの場合は、10分ほど)。茶色くなってきたら、底をこするようにして、焦げつかないようにする。
6. あめ色を超えて、焦げ茶色になるまで炒める。
7. トマトを加え、中火で3分ほどヘラでつぶしながら、ペースト状になるまで炒める。
8. 弱火にしてから、(A)、塩を加える。1分ほど混ぜながら炒めて完成。

※辛さを出したい人は、(B)を加える。

 玉ねぎをあめ色になるまで炒めたり、スパイスを数種類駆使したり、主婦である私ですらほとんどしない工程です。面倒くさい印象は否めませんが、一度つくってしまえば、そんなイメージは払拭できるはず。

 本書に載っているスパイスはスーパーで売っていますし、作り置きして冷凍保存も可能とのこと。週末は、オシャレなグレイビーつくりにチャレンジしてみてはいかが。

◆こんなに手軽!スパイスカレー「ひき肉となすのカレー」

 グレイビーができてしまえば、あとは具材を工夫するだけ。本書に掲載されているレシピは、30種類以上!その中から、食べやすくて栄養もバッチリな2品を選んでみました。

☆ひき肉となすのカレー(1人分 286kcal)

【材料】
鶏ひき肉  100g
なす  2本(100g)
ヨーグルト  大さじ2
グレイビー  1/4量
※前述のグレイビーのつくり方参照

<つくり方>
1 なすは薄めの輪切りにする。
2 フライパンにひき肉とグレイビーを入れ、中火で1分ほど炒める。