マツコ生出演のテレビ局前に突撃した「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表=東京・TOKYO MX

写真拡大

 NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が12日、タレントのマツコ・デラックス(46)が出演するTOKYO MX「5時に夢中!」の生放送中に、東京・半蔵門の同局を訪れた。事の発端は7月29日の同番組での、マツコの発言。「これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たち」などのコメントに、立花氏は激怒していた。

 立花氏はこの日午後、自身のYouTube動画で電撃訪問を予告。午後5時15分に到着すると、公道に面したスタジオのガラス越しに、「公共の電波で投票してくれた人の気持ちを侮辱するのは、許されないでしょ。僕が反論したら、何一つ反論できない」と地声の“演説”で訴えた。

 周辺には支援者を中心に100人近くが集まって、警察官7人が警備にあたるなど騒然。立花氏は約1時間滞在し、マツコが同局から出るのを待ったが対面は実現しなかった。最後は「NHKをぶっ壊す。マツコ・デラックスをぶっ壊す」と言い残して、迎えの車に乗り込んだ。