19日午前9時の予想天気図。

写真拡大

19日(金)は、台風5号が東シナ海を北寄りに進む見込みです。そのため、南西諸島では20日(土)にかけて、うねりを伴った高波・高潮に警戒し、大雨による土砂災害や河川の増水に注意してください。

また、台風や太平洋高気圧を回る暖かく湿った空気が、本州に停滞する梅雨前線に流れ込む見込みです。そのため19日(金)は、西日本から東日本で大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った大雨となる所もあるでしょう。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意してください。

北日本は、19日朝に秋田沖で発生する低気圧の影響を受けて、雨やくもりとなる見込みです。

(気象予報士・吉澤 巧)