熊谷6人殺害事件の控訴審初公判 一審同様に統合失調症と医師が証言

ざっくり言うと

  • 埼玉県熊谷で2015年に起きた6人殺害事件の控訴審初公判が10日、開かれた
  • 弁護側は「被告は事件当時、心神喪失状態だった」と改めて無罪を主張
  • 医師も「事件前から統合失調症を発症していたのは間違いない」と証言した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング