日航機墜落から33年前 新たに得られた事実をもとに疑惑を再提示

ざっくり言うと

  • 520人が犠牲になった日航機墜落事故から、2018年で33回目の夏を迎える
  • 当時日航のスチュワーデスだった青山透子氏は、事故に疑惑を持ち続けている
  • 関係者などから集めた新証言や証拠を著書に記し、疑惑を再提示している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング