3日、サッカーのワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本対ベルギーの試合後の光景が中国版ツイッター・微博で話題になっている。

写真拡大

2018年7月3日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦の日本対ベルギーの試合後の光景が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で話題になっている。

試合は、日本が原口元気と乾貴士のゴールで2?0とリードしながらも、そこから立て続けにゴールを奪われ同点に。そして、アディショナルタイムにはカウンターから失点し、2?3で惜しくも敗れた。

中国のスポーツメディア・新浪体育は微博で「試合後、歴史をつくることができなかった日本の選手たちは、みんな肩を落としてピッチに横たわっていた。この試合で、素晴らしいサッカーを見せた彼らは、ベルギー選手のリスペクトも勝ち取った」とし、デ・ブライネ、ルカク、コンパニ、アザールといったスター選手が日本選手の元に慰めに来たことを動画付きで紹介。「日本は負けはしたが、栄誉を勝ち取った」と伝えた。

ネットユーザーからは、「感動する」「選手同士のハグほど純粋なものはないよ」「リスペクトは他人から与えられるものではなく、自分で獲得するものだ」「これぞスポーツマンシップ。偉大な試合だ」「日本の選手を見るたびに思う。本当に本当に本当にサッカーが好きなんだろうって」「日本には本当に尊敬させられるよ。ファウルは少ないし、コンビネーションも素晴らしいし、攻守の切り替えも早いし、フィジカルでは劣勢だけど、その他のあらゆる面を極限まで高めている」といったコメントが寄せられた。

また、「日本はこの試合に負けたかもしれないが、この先の黄金の10年を勝ち取ったんだ。もっと多くの子どもたちがサッカーをし、世界の5大リーグのクラブはもっと多くの日本選手を獲得するだろう。日本サッカーは、他のアジアの国とさらに大きな差をつける」といったコメントや、「試合には負けたが尊敬を勝ち取った。この試合に敗者はいないよ」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)