東日本大震災から6年 仮設住宅の解消の見通しは立たず3万5000人避難生活

  • 東日本大震災から6年、被災地では仮設住宅の解消の見通しは立っていない
  • 岩手、宮城、福島の3県では、約3万5000人が仮設住宅で避難を続けている
  • 福島県では原発事故の影響で約8万人が県内外での避難生活を強いられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング