9日、神戸市の神戸市立東須磨小学校で起きた教師間のいじめ問題で、仁王美貴校長らが会見を行った。校長は被害教員から受け取ったという複数の手紙の内容に言及し、「驚くものばかりだった」と涙ながらに謝罪する場面も見られたが、その一方で異常な教育現場の実態も浮き彫りになった。会見の中で仁王校長は加害教員となった4人のうち、2人が昨年度と今年度のいじめ対策(生徒指導)担当者であることを明かした。いじめを防ぐ