ロシアの病院で帝王切開による出産をした62歳の女性は23年間、ずっと腹部の激しい痛みに苦しんできた。しかし最近行ったレントゲン検査で、1996年の帝王切開手術時に使われたクランプ鉗子が腹部に残っていたことが明らかになり、女性は怒りを露わにしている。『Metro』『The Sun』などが伝えた。ロシア連邦の北オセチア・アラニア共和国在住のエゼッタ・ゴビーバさんは23年前に帝王切開で出産して以来、継続的な腹痛に苦しんでいた