2007年に市川海老蔵(37)との交際が破局してブログに〈傷ついて初めて分かる。自分勝手な思い上がりと思い込み〉と傷心を綴っていたサトエリこと佐藤江梨子(33)が、1月31日にブログで結婚と妊娠を報告した。

 お相手は、なんと元カレ・海老蔵の友人である一般男性(45)だ。

 海老蔵は昨年2月のブログで“けんくん”と呼ぶその男性の写真を掲載し、〈なんと僕の元カノと付き合ってると笑〉と紹介。結婚を報じたスポーツ紙は「海老蔵のスタッフであるブラジル人」と書いたが、これは完全な誤報。アメリカ人の父、日本人の母を持つ浮世絵商だった。大手画廊の社長が語る。

「宝石商を営んでいたケン君の父親は1950年代後半に来日し、趣味の浮世絵収集を本業にして東京に画廊を開きました。10年ほど前に彼が経営を引き継いでいます。

 彼は学生時代から本当に浮世絵が好きでしたね。役者絵を得意としている画廊なので、海老蔵さんら歌舞伎役者と交流があるのでしょう」

 神保町の画廊を訪れるも、あいにく不在。女性事務員によると、「安いもので3万円、高いものだと300万円」の高級絵画を扱っているという。

 ケン氏は画廊経営の傍ら、国際浮世絵学会の常任理事を務めている。同会会長の小林忠氏が語る。

「ケンさんには親子2代にわたって浮世絵の普及と啓蒙活動に尽力していただいています。15年ほど前、私が学習院大の教授を務めていた時に学生たちと一緒に草野球をしたのを覚えています。

 捕手ができる学生がいなかったのですが、彼は率先して引き受けてくれました。190cm近くある長身ですから、ホームランを何本も打っていましたよ。今では浮世絵商としても大きな存在になりました」

 前出の画廊社長もケン氏の商才を認める。

「自らオークションを催したりと、ディーラーとして有能でとても大きな仕事をしています。外国にも顧客が大勢いて、年中アメリカやヨーロッパへ出かけているようです」

 容姿端麗でバイリンガルで仕事ができる──だから女性たちが放っておかないという。

「4年前にモデルさんと離婚してバツイチですが、とにかくモテる。昨年ある会合でサトエリさんを同伴していた時は仲むつまじそうでしたから、余計なお世話でしょうが」(同前)

 再びブログで傷心を綴る──なんてことにならないよう、お二人の幸せをお祈りします。

※週刊ポスト2015年2月20日号