人気モデルとして活動している佐藤かよが、日テレ系『魔女たちの22時』に出演し、実は「男性」であることを衝撃告白した。日本のネット上は大騒ぎとなったが、韓国でも驚きの声が殺到した。

 韓国では翌9月1日から、20社近い韓国メディアが衝撃の告白について報じている。ネットには「実に男とは思えない美しさ」「もう何を信じたらいいのか分からない」といったコメントが集まっている。

 このような中で、韓国人ブロガーのナララポ氏は、佐藤かよのカミングアウトについて、日本だから可能だったと考察する。ブログには彼女の写真や彼女が綴(つづ)った文章が掲載されており、番組の告白内容について詳しく紹介。放送後には多くの日本人が勇気ある告白に拍手を送り、彼女もまた多くの応援メッセージに感謝の言葉を述べたことも伝えている。

 その上で、ナララポ氏は「以前、韓国でカミングアウトをした芸能人たちに、悪質なコメントが集まったのとは対照的な姿だ。苦労してカミングアウトした人に、悪質なコメントをするより、勇気ある言葉が必要なのではないか」と指摘する。韓国では性同一性障害であることを告白したタレントが、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷を苦に自殺するという事件が起きており、ブロガーはこのような出来事と比較し考察したものとみられる。

 このブロガー以外にも、ネットには性同一性障害に対する日本と韓国の反応の違いを比べ、「性転換手術をしたことで、隅に追い込まない日本の雰囲気は成熟していると思う」「韓国だったら悪質なコメント10万件は基本」といった意見なども書き込まれている。(編集担当:新川悠)

■最新記事
美人モデル・佐藤かよの「男性」カミングアウト、中国でも注目、驚きの声
驚愕の男の娘モデル『佐藤かよ』さん
【韓国の検索ワード】性同一性障害者、韓国初のスーパーモデルになるか
韓国芸能界でまた自殺者…華やかな芸能界が大きく揺れる
キム・ヨナ、カナダとスッパリお別れ…米LAで再出発!