L・マルティネスがバルサ撃破に喜び「特別な夜だ。僕らに必要な勝利だったからね」

写真拡大

 インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスは、勝利したバルセロナ戦を終えて心境を口にした。4日、欧州サッカー連盟(UEFA)が公式サイトで伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節でバルセロナをホームに迎えたインテルは、前半終了間際に決まったハカン・チャルハノールの得点を守りきって1−0で勝利。セリエAでは代表ウィークを挟んで2連敗を喫し、チーム状況が不安視されていたなか、その暗い雰囲気を払拭する強豪相手の勝ち点3となった。

 これで今季のCLでは2勝目をあげ、勝ち点を「6」とし2位に浮上したインテルは、決勝トーナメント進出に向けて一歩前進することとなった。先発出場したL・マルティネスは試合を振り返り、この勝利の重要性をこのような言葉で語った。

「今夜は特別な夜だ。僕たちが必要としていた勝利だったからね。それがこのような試合だったんだから、なおさら嬉しいよ」

「僕らは結果がついてこない時期にいたから、今日は勝利を必要としていて、そしてそれが訪れた。ここからいろんなことが変わっていくだろうね」

「僕らはこの勝利とこのチームスピリットから、もう一度スタートを切ることを望んでいる。これは熱意と人格の勝利だ。結果がついてこないときも僕らがやっている努力に満足しているよ。今夜は欲しい時間帯に得点を入れ、重要な試合に勝つことができた」

 次節は12日に行われ、バルセロナが本拠地にインテルを迎える。