ビアガーデンのおすすめスポットは?

写真拡大

 ビアガーデンの楽しみといえば冷えたビール。加えて、食事がおいしいとなおさら良いだろう。また、せっかく屋外で楽しむなら風景も満喫したい。食事がおいしく、夜景や自然を楽しめる東京のビアガーデンスポットを紹介しよう。

●夜景が楽しめる東京のビアガーデン

 まずは美しい夜景が楽しめる東京のビアガーデンを紹介する。

●RESTAURANT LUKE with SKY LOUNGE

 「RESTAURANT LUKE with SKY LOUNGE」は地上47階にあるレストラン。築地駅から5分という好立地のビルのテラスでビアガーデンを楽しめる。

 会場からは都内ベイエリアを一望でき、東京タワーとスカイツリーの両方を見られる。貸切ができるスカイラウンジや夜景が楽しめる個室もあり、さまざまな用途で利用できるだろう。

●納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー

 「納涼ハレテラス エキビア スカイツリービュー」は浅草駅直結のエキミセ屋上にあり、スカイツリーを間近に感じながらビアガーデンを楽しめる。ビールにもこだわっており、アサヒビールの「熟撰」やTOKYO隅田川ブルーイング「ペールエール」も用意され、料理が進みそうだ。

 グランピングと一緒にバーベキュー(BBQ)を楽しめるグランピングコースも用意され、おしゃれな空間でゆっくりと過ごしたい。

●KING OF THE PIRATES

 「KING OF PIRATES」は海賊船をテーマにしたお台場のレストラン。レインボーブリッジや東京湾を眺めながらビアガーデンの楽しい時間を過ごせる。

 海賊船をテーマにしているだけあり、料理はどれも豪快。テラス最前列のソファー席は夜景を独り占めでき、大切な人との食事にピッタリだ。

●自然が楽しめる東京のビアガーデン

 続いて、雄大な自然を楽しめるビアガーデンを紹介しよう。

●ビアテラス×東京雲海〜大人の夜ピクニック〜

 「ビアテラス×東京雲海」は、ホテル椿山荘で開催されているビアガーデン企画。ホテル内の森をライトアップされた雲海が包み込むという幻想的な風景が魅力的だ。

 「大人の夜ピクニック」というサブタイトルにちなみに、食事はバスケットに盛り込む形で提供。ビールとの相性抜群のものばかりだ。宿泊付きのプランも用意されており、思う存分飲みたい。

●高尾山ビアマウント

 高尾山ケーブルカーの終点、標高488mの場所で「高尾山ビアマウント」が開催されている。高尾山の上とはいってもケーブルカーですぐに行ける場所なので体力がなくても心配ない。

 高所にあるだけに自然はもちろん、新宿などの夜景を見渡せる。ダンボール製のグリルを使ったエコなBBQも魅力の一つだ。

●森のビアガーデン

 「森のビアガーデン」は1984年から開催される、明治神宮外苑の恒例行事ともいえるビアガーデン。都会でありながら豊かな自然を堪能できる。

 食事と飲み物は2時間制の食べ放題&飲み放題。BBQスタイルでラム肉や牛肉など、さまざまな食材を堪能できる。900席のうち約300席にはテントが用意されており、少々の雨であれば問題なく利用可能だ。

●Inf 隅田川イタリアン 蔵前店

 「Inf 隅田川イタリアン 蔵前店」は隅田川を目の前に臨むビアガーデン。涼やかな川の音を聞きながら冷えたビールを飲めば、心身とも涼しくなりそうだ。

 ビアガーデンとしては珍しいイタリアンの食事も魅力の一つ。お祝いや誕生日などの特別な日に利用したい。ビールはもちろん、樽生ワインや樽生スパークリングワインも忘れずに楽しんでほしい。

●ビール×料理×風景の相乗効果で気分が上がる

 ビールはおいしい料理とともに飲むことでおいしさが増すが、そこに素晴らしい風景が加わることでさらにおいしく感じられる。冷たいビールの炭酸が喉を抜けていく爽快感と、開放的な風景は相性抜群だ。

 暑さや日頃のストレスを忘れたいなら、ぜひ風景を楽しめる屋外のビアガーデンで食事をしてほしい。(ライター・ハウザー)