チャン・ツィイー、第32回東京国際映画祭オープニングセレモニーにて(https://ja.wikipedia.org/wiki/章子怡)

写真拡大 (全3枚)

現代中国にうごめく「謎の組織」とは? 中国について硬軟入り混じったノンフィクション作品を数多く発表しているルポライターの安田峰俊氏が、現在追いかけているテーマが「中国の秘密結社」だ。実は、国際的に知名度が高い大物中国人女優チャン・ツィイーも秘密結社と浅からぬ関係があるという。詳しい事情を寄稿してもらった──

【写真】党大会にチャン・ツィイーが出席したことを伝える報道

* * * * * * *

大女優の政治的バックグラウンド

中国に関心がない人でも、映画女優のチャン・ツィイー(章子怡)の名は知っているだろう。チャン・イーモウ監督の名作映画『初恋のきた道』で恋する少女を演じた可憐な姿で世界に衝撃をあたえ、その後も『グリーン・デスティニー』や『2046』、『SAYURI』など名だたる映画への出演を続けた。一昔前の花王のシャンプー「アジエンス」のCMで見せた妖艶な姿を記憶している人も多いかもしれない。

ところで、そんなチャン・ツィイーの政治的なバックグラウンドはご存知だろうか。実は彼女は、2012年12月3日に北京で開かれた中国致公党の第14回党大会に出席している。つまり、チャン・ツィイーはこの政党の党員なのである。

いぶかしく思う方も多いことだろう。中国は中国共産党の一党独裁国家ではなかったか? 「中国致公党」なる耳慣れない政党が、なぜ北京で党大会を開催して、世界的女優を党員に加えるような活動ができているのだろうか。

中華人民共和国の「盲腸」

簡単に答えを書こう。中国致公党とは、「民主党派」と呼ばれる、合計8組織ある中国共産党の衛星政党のひとつなのだ。中国の政治体制は、正確には一党独裁ではなく一党専制であり、民主党派は一種の閣外協力政党のような存在(参政党)である。

彼らの由来は1949年の中華人民共和国の建国前夜にさかのぼる。

当時、毛沢東が提唱した新民主主義論を掲げていた中国共産党は、中国国民党との第二次国共内戦(1946-49年)を戦うなかで「民主的」(反国民党的)な中間党派と提携し、リベラルな連合政府を樹立する戦略を取った。このときに統一戦線を組んだ諸勢力こそ、現在まで続く民主党派8政党の起源である。

ゆえに民主党派には、国民党の左派で孫文未亡人の宋慶齢を名誉主席に戴いた中国国民党革命委員会(民革)をはじめ、かつての有力な中間党派だった中国民主同盟(民盟)、親共産主義的な台湾出身者を中心にした台湾民主自治同盟(台盟)など、1949年当時の政治状況を反映した党派が多い。表向きは愛国華僑の政党とされる中国致公党も、そのひとつである。

中国致公党の創始者の一人とされる司徒美堂。アメリカ東海岸の華僑の親分だったが国民党と仲違い、中華人民共和国の建国直前に共産党に協力した。『人民日報図文数拠庫』より(http://data.people.com.cn/rmrb/20190813/14)

その後、政権を握った中国共産党は間もなく新民主主義論を放棄し、民主党派は反右派闘争や文化大革命で大打撃を受けて独自性を失うのだが、さておき組織だけは現在まで残っている。全人代や政治協商会議(中国の国会に相当)の開催期間にテレビを見ていると、彼らの党名がたまに報じられることがある。

前時代の有力勢力が、新政府の体制下でも盲腸のように残される構図は、日本の江戸幕府のもとで足利氏や今川氏の子孫が「高家」(こうけ)として存続していたのとすこし近いかもしれない。現体制の歴史的正当性をアピールするうえで、旧勢力の末裔たちをあえて名目的に残しておくことは有効な手段なのだ。

『現代中国の秘密結社 -マフィア、政党、カルトの興亡史』(著:安田峰俊)

「孔子学院」を含む中国当局の対外工作戦略

現在の中国致公党は、党章程のなかでマルクス・レーニン主義と毛沢東思想・臂平理論・習近平新時代中国特色社会主義思想などの「堅持」をうたっていたり、前主席の羅豪才が中国共産党との二重党籍を持っていたりと、もはや独立した政党というより共産党の一部門のような存在になっている。

つまり、彼らは名誉職のお飾り組織というわけなのだが、お飾りなりの重要な役割もある。特に致公党の場合、1980年代以降は華僑の政党としての顔を利用して、中国当局の対外工作戦略の担い手としてかなり活発に活動しているのだ。

致公党は現在、中国共産党統一戦線部の系列下に位置づけられており、対外統戦──つまり、海外で親中派の協力者を確保・育成したり、他国の社会や海外華人たちに親中国共産党的なムードを作り出して「共産党的」な価値観を広めたりする任務を担当している。

日本に対しても、日中友好イベントや学術交流活動(最近話題の中国政府主導の中国語教室・孔子学院も含む)などに出席する中国側の顔ぶれを注意深く観察すると、致公党のメンバーが見つかることがある。興味がある人は、拙著『現代中国の秘密結社』に具体例が書かれているのでぜひお読みいただきたい。

中国共産党と秘密結社「洪門」

中国共産党に協力した統戦工作については、たとえば台湾相手ならば民革や台盟、海外の知識人が相手ならば九三学社など、他の民主党派も担っている。だが、致公党の場合はもうひとつ大きな特徴がある。実は致公党はその成立経緯において、「洪門」(ホンメン、チャイニーズ・フリーメーソン)と呼ばれる、中国の伝統的な秘密結社をルーツに持っているのだ。

洪門について簡単に説明すれば、清朝時代の中期(18世紀)以降に勢力を伸ばした、独特の加入儀礼や仲間内だけで通じる専門用語・動作などを伝える結社組織(会党)である。洪門は特に福建省や広東省で盛んだったため、19世紀にはこれらの地域の出身者が多い華僑を通じて、北米や東南アジアのチャイナタウンにも拡大した。

組織の性質は中国独特のものであり、いわばヤクザと生協と町内会とライオンズクラブと右翼団体を足して5で割ったような、多面的かつ複雑な顔を持っている(この5つの性質のうちどれが強いかは、地域や時代により異なる)。洪門の構成員はお互いに独特の仲間意識があるようだが、かといって政治的に一枚岩の組織とは言えず、活動内容の統一性もない。

致公党は、もともとこの洪門の一派である。洪門は過去、辛亥革命(1911年)の際に孫文に協力したものの、革命後に冷遇されたことで反国民党的な傾向を持ち、国共内戦の際に一部の組織が親国民党派と親共産党派に分裂した。後者の親共産党派の洪門が「中国致公党」の前身である。

致公党はその後、文革でいったん組織が壊滅したこともあり、おそらく党内で洪門の伝統的な儀礼を引き継ぐなどはしていないと思われるのだが、現在も統戦工作の際には「洪門の党」という顔を強く前面に出す。特に北米やフィリピンの華僑と交流する際には洪門ネットワークが使われることが多いようだ。

表現を変えれば、中国共産党は中華人民共和国の建国以来、秘密結社を政権内に取り込み、対外工作に活用してきたと言える。チャン・ツィイーが所属しているのは、実はこんなにも怪しげな政党だったのだ。

チャン・ツィイー以外にも…

ちなみに致公党はチャン・ツィイー以外にも有名人の党員が多く、『バイオハザードV リトリビューション』や『トランスフォーマー/ロストエイジ』、『MEG ザ・モンスター』などのハリウッド映画に出演した有名美人女優のリー・ビンビン(李冰冰)、山積みにした札束を配るなど桁外れの慈善活動で一昔前に話題になったことがある慈善活動家の富豪である陳光標、大御所歌手の朱明瑛など、中国に詳しい人ならばすこし驚くような人物が名を連ねている。

もっとも、チャン・ツィイーについては2012年12月3日の党大会出席以降、目立った政治活動はほとんど見られない。その理由は、おそらく彼女が入党した理由とも密接に関係しており、当時の中国共産党の高官の動向がからんでいるとみられるのだが──。こちらは拙著で詳しく書いた。

「秘密結社」という言葉はいかにも怪しげで、オカルトや陰謀論的な匂いがプンプンする。だが、中国に実在する秘密結社は意外と地に足がついた(?)存在だ。彼らは中国国家を操るほどの力はないが、いっぽうで現代中国の有名人やさまざまな事件と広く浅いつながりを持っており、思わぬ場面でふと顔を出す存在なのである。