ローマ教皇庁が強く非難 安楽死は「決して正当化できない殺人行為」

ざっくり言うと

  • ローマ教皇庁は22日に発表した文書の中で、安楽死を強く非難した
  • 「決して正当化できない殺人行為」とし、カトリック教会の立場を改めて強調
  • 安楽死などを認める法律の支持者は、「他人が犯す重大な罪の共犯者」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x