BUMP OF CHICKENの曲は、傷つきやすい少年の弱さや悩み、心の機微、青春のゆらぎを丁寧に汲み取っていて、若い人を中心にすごく人気があると聞きます。でも、彼が私にやったことはそんな“繊細さ”なんてみじんも感じさせないヒドいものでした。結婚を隠したまま、私で性欲を満たした一方、奥さんがいることが私にバレたら途端に“逆ギレ”。本当にどうしようもないサイテー男でした。3年たった今でも、あの時のトラウマが頭に焼き付いていて、恋愛に対してどうしても臆病になってしまうんです」

【画像】「メイドさんの恰好でオムライス」をリクエストする直井のLINE

 そう告白するのは、都内に住む会社員のA子さん(30)だ。A子さんは数年前まで芸能事務所に所属し、モデルやグラビアアイドルの仕事をしていたという長身の美人。A子さんが「トラウマになるほどひどい仕打ちを受けた」という“サイテー男”とは、人気ロックバンドBUMP OF CHICKEN(以下、バンプ)のベースを担当するチャマこと直井由文(40)のことである。 


バンプのチャマこと直井由文 ⒸAFLO

チャマはバンドの盛り上げ役

「バンプはボーカルで作詞作曲を担当する藤原基央(41)、ギターの増川弘明(40)、ドラムスの升秀夫(41)、直井の4人組ロックバンド。2000年にメジャーデビューし、01年に出したセカンドシングル『天体観測』が累計55万枚以上売り上げる大ヒットとなり、一気にメジャーバンドの仲間入りをしました。藤原の独特の世界観溢れる歌詞と楽曲が人気で、幅広い世代に支持されています。ベースの直井は他のメンバーが比較的大人しいなかにあって、明るいバンドの盛り上げ役でもあります。ファンからは『チャマ』というニックネームで呼ばれることが多い。チャマは“おぼっちゃま”から来ているそうで、小学校の時に友人に100円のジュースをおごったことでついたあだ名だそうです」(芸能デスク)

 バンプは最近も精力的に活動しており、9月10日には1年ぶりの新曲「Gravity」をリリース。同曲は9月18日に公開されるアニメ映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(通称「ふりふら」)の主題歌でもある。「ふりふら」は咲坂伊緒氏の人気漫画が原作で、累計発行部数は500万部。8月には浜辺美波と北村匠海が主演した実写版映画も公開されている。

 

 

ベールに包まれていたメンバーのプライベート

 バンド活動を精力的に行う一方、バンプはメンバーのプライベートについては、「秘密主義」を貫いてきた。それだけに8月24日、ボーカルの藤原が自身のラジオ番組で、一般女性との結婚を発表するとファンは大歓喜。ツイッターのトレンドは藤原一色となった。ラジオの放送終了後には、ベースの直井が、自身のツイッターで《藤原が結婚しました!おめでとうー!》と祝福。《これからもBUMP OF CHICKENメンバー一同心を込めて音楽を届けていきますので、今後ともよろしくお願い致します!》とファンに呼びかける一幕もあった。

「結成以来、メンバーのプライベートを公にしてこなかった中での突然の発表でしたから、驚きました。他の3人のメンバーは、結婚しているのか、子供がいるのかなど何も明かしていない」(前出・芸能デスク)

 プライベートは謎に包まれているバンプだが、しかし、実は「直井さんは既婚者で子供もいたんです」と証言するのはA子さんだ。

「プライベートを隠しているのはバンドのイメージのためだと直井さんから以前聞いたことがあります。それをいいことに彼はこれまでも私と同じような、ひどい仕打ちを他の女の子にもしてきたそうです。正直、私自身、直井さんとのことを告白するかどうか悩んだ時期もありました。しかし、藤原さんが結婚した時に『バンプはこれまでスキャンダルもないし健全、安心できる』というネット上の書き込みが多かったのを見て、そんなことはないと。私のような女性はたくさんいる。これからもそういう子が出てしまったら大変なことになる。そう思って、今回お話しする決意をしました」

直井とA子さんの出会いは代官山での合コン

 以下はA子さんが直井に受けた「ひどい仕打ち」の一部始終である。2016年12月、A子さんは直井と代官山のおしゃれなレストランでおこなわれた合コンで出会った。

「店は芸能人御用達の会員制バーで、薄暗い個室には大人の雰囲気が漂っていました。参加していた男性陣は直井さんや、同世代の業界関係者が3人いました。会はイッキコールとかもなく、スマートにダラダラと飲むって感じで、直井さんが中心になって皆を盛り上げていました。終電前には合コンは終了し、グループLINEをつくって、『また皆で飲もう!』って解散。それからしばらく、直井さんから熱心にお誘いを受け、数日後、一緒にご飯に行くことになりました」(A子さん)

初めての食事後に「部屋寄っていいかな?」

 場所は前回同様、代官山のレストラン。直井は高級車のレクサスに乗って現れたという。

「彼と一緒にいると、とても楽しかった。彼はすごくアニメが好きで、好きなアニメの話ばかりしていました。私もアニメは好きだったので、『アリかな』って。それで『彼女いるんですか?』って聞いたら『いないよ』と即答されました。食事が終わったあとには、直井さんが『送っていくよ〜』と言ってくれて、彼のレクサスで家まで送ってくれたのですが、案の定、家の前で『部屋寄っていいかな?』と言われて……。しっかり相手を見定めもせず、家に入れた私も悪いのですが、『独身で彼女もいないならいいや』と。その日に関係を持ち、その後、半年間、“恋人関係”が続きました。週に1、2度、代官山や恵比寿で食事をしたり、『スター・ウォーズ』などの映画に行ったり、私の家でまったりしたり……。私の家族と一緒に食事をしたこともあるんです」(同前)

 A子さんは決して「バンドのファンではなかった」という。バンプの活動にあまり興味を示さないA子さんに合わせてか、直井はデートではバンドの話はほとんどしなかったという。

「私があまりにもバンドのことを聞かないので、向こうが水を向けて、『配信映像を、見てほしい』と言われたことも何度かありました。ただ、バンドマンとしての彼についてはあまり興味がなかったので、配信の映像はほとんど見ませんでした。バンプのメンバーの方とは、あるアーティストのマネジャーさんの誕生会でご一緒したことがあります。ギターの方(増川)は軽い感じで女の子と話していて、ドラムの方(升)は空いたグラスがないか周囲に気を使っていました。ボーカルの藤原さんは中心となって皆とわきあいあいと話をしていた」(同前)

KANA-BOON・飯田の不倫を妙にかばう直井

 バンプはメンバー全員が千葉県佐倉市出身で、幼稚園からの幼馴染同士でもある。A子さんは直井との日帰り旅行で、直井の実家がある佐倉市から近い成田山新勝寺を訪れたこともあるという。

「成田山は、おじいさんとよく来ていた思い出の場所だそうで、行きつけの鰻屋にもお邪魔しました。丁度この頃は、彼が交流のあったバンド『KANA-BOON』のベーシストの飯田祐馬さんと女優の清水富美加さんが昔不倫関係にあったことが暴露された時期でもあり、帰り際、そのニュースの話になったんです。『不倫なんてありえない』って私が怒っていたら、直井さんが妙に飯田さんのことをかばうんです。『バンド好きの女の子はいろいろ大変なんだ』とか『不倫した彼も事情があって、いいやつなんだよ』って。今思えば彼は自分に向けて言ってたんですね」(同前)

直井の友人が白状「直井には元モデルの妻がおり、さらに子供がいる」

 A子さんは交際を始めた当初、彼が既婚者であるとは思っていなかった。しかし、付き合いを重ねていくうちに「疑わしい点が多々出てきた」と振り返る。

「レクサスにチャイルドシートなどを積んでいたりとかはさすがになかったですが、私が毛皮のコートを着て車に乗ると、『痕跡残すね〜』って、笑いながらも困った顔をしていました。私の家に遊びに来ていても、深夜1時、2時ごろになると必ず帰ってしまうんです。『家のベッドじゃないと寝られない』『朝は自分の部屋でなるべく空気を吸いたいんだ』って意味不明な理由を言ってました。なんかおかしいなと思い、彼の家に行きたいって雰囲気を出すと『今、文春に家をハリコミされているから』『バンプは女性ファンが多いから撮られるとバンドに迷惑かかる』って……。いい年したオジサンが恋愛しているところを撮られても、ファンは怒らないと思うのですが、うまく誤魔化されてしまいました」 

 ちなみに文春オンライン取材班がこれまで直井氏の自宅周辺を張り込んだことはない。不審に思ったA子さんが直井の友人に詰め寄ると、友人は「直井にはモデルの妻がおり、さらに子供がいる」と白状したという。

「彼女はいないとは言ったけど、結婚のことは聞かれてない」

「それを聞いて、彼とすぐに話をしました。『私はあなたのことが好きだけど、結婚しているなら無理です、何で嘘ついたの?』って。彼は自己弁護に走り、『妻とはもう不仲だから』『別居している』と言い出し、『本当はもっと早く言いたかったけど、A子が見た目と違って真面目で言い出せなかった』って、決して謝ろうとしませんでした。

 私が呆れていると、『彼女はいないとは言ったけど、結婚のことは聞かれてない』って逆ギレしたんです。しまいには、『次付き合う人にはちゃんと結婚しているかも聞いたほうがいいよ』って謎の上から目線のアドバイス……。何でこんな人を好きになったんだろうって悔しくて涙が出てきました。

 別れ際に彼は、胸元に私の頭をよせて両手で私の髪をクシャクシャにして、『コレ、いつも子供にやってあげてるんだ』って。私が自分の子供と同じくらい大切だって意味のようですが、別れ際にそんなことするなんて、馬鹿にするにも程がある。ショックでした」

「抱っこ」「チューして」……生々しいLINEのやりとり

 A子さんのスマホには、直井との関係がうかがえる生々しいLINEのやりとりや写真が残されている。「抱っこ」「チューして」など直井の甘えるようなメッセージや「メイドさんの格好でオムライスを作って」「ドンキで女子高生ブレザーを買っといて」など、直井がA子さんにコスプレを求める文面も多数見つけることができた。

「好きなアニメキャラの猫耳コスプレや制服、メイドなどのコスプレをお願いされました。彼が好きだから私も応じ、その格好のままエッチもしました。彼が学ランを着て、私がブレザーを着て、したことも。当時は私も楽しんでいましたが、彼が結婚していると知っていたら絶対にこんなプレイに応じなかった。奥さんとするか、そういうことをする風俗のお店でやるべきだと思います。彼は風俗のことを嫌っていましたが、結局、手ごろな私で欲求を満たしていただけなのかもしれません。奥さんにはあんなことさせていたのでしょうか? 奥さんにも本当に申し訳ないです」

 A子さんは直井と破局後、自己嫌悪と直井の妻への申し訳なさから不眠の日が続き円形脱毛症になってしまったという。

「夢では、会ったこともない彼の奥さんが出てきて、『なんで』『どうして』と私は詰め寄られていました。今でもバンプの歌がお店などで流れているのを聴くと、当時のことを思い出してしまいます。彼は別れ際に私以外の女の人にも同じことをしていたことを、悪びれもせずに話していました。『他の子はそれでも受け入れてくれていたけど、A子は無理なの?』って。私のような人はあと何人いるのでしょうか……」

「不徳の致すところでした」

 バンプの所属事務所に事実関係を確認すると、事務所幹部が直々に編集部を訪れ、直井には現在も妻子がおり、A子さんと不倫関係にあったことや、A子さん以外にも不倫関係にあった女性がいたことなどを認めた。

「直井は、一時期、家庭内がうまくいっていない時期がありましたが、不徳の致すところでした。本人も猛省しており、バンプの音楽を応援してくれたファンの皆様に対しても大変申し訳なく思っています」(所属事務所幹部)

 バンプの新曲「Gravity」の歌詞の最後は、以下のように締められている。   

〈雨でも晴れでも 空のない世界でも また明日 明日が ちゃんときますように
 一緒じゃなくても 一人だったとしても また明日の中に 君がいますように〉

 こんなにも愛にあふれる歌詞が街中に流れる中、A子さんはいまだに直井から受けた仕打ちの“後遺症”に苦しんでいる。既婚者であることを隠し、関係を重ねた直井の身勝手な振舞いによって、A子さんは男性不信となり、忘れられないトラウマを抱えてしまった。

 9月18日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))