8月10日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)で、お笑い第7世代芸人が所属する「軍団」の比較がおこなわれた。

 ミキ・亜生の率いる「亜生軍団」には、EXIT・兼近大樹、3時のヒロイン・ゆめっち、フワちゃんらが所属。軍団のモットーは「明るく・楽しく・亜生をおいしく」で、兼近は「入れば確実に売れる」とアピールした。

 ミキ・昴生の「チーム昴生」は、昴生の嫁、上白石萌音、飯豊まりえ、松岡茉優、朝日奈央、SnowMan・向井康二、SixTONES・森本慎太郎と豪華なメンバー。よく食事に行くが、昴生は「嫁が来ないとみんなも来ない」と、人気ネイリストだった妻の存在が大きいという。そのため「嫁軍団」と語っていた。

 また、霜降り明星せいやは亜生、兼近を「せいや軍団」としているが、ほかにも若手芸人の「せいや軍団セカンド」があるという。

 粗品は若手3人と「粗品四兄弟」を組んでいる。ギャンブルする集団で、モットーは「他人の借金は自分の借金」。4人の借金総額は2000万円を超えていることを明かす。

 りんたろー。が参加するのは「トシ軍団」。IT関係の仕事をするトシなる人物のほか、指揮者など各界のクリエイターたちが所属し、「生きてるだけでコンテンツ」と語った。

 それぞれさまざまな人物から刺激を受け、お笑い界を盛り上げている。