Apple PayでQRコード支払い可能に?開発者向けiOS 14ベータ2に手がかり
S3studio via Getty Images

アップルは7日(米現地時間)、開発者向けiOS 14のベータ2を配信開始しました。そのコードを解析した結果、iPhoneのカメラでQRコードまたはバーコードを読み取って、Apple Payで支払う新機能が見つかったと報じられています。

隠された機能を発見した米9to5Macによれば、アクセスはできたものの動作はしなかったとのこと。ただ、その動作を示した画像(下図参照)ははっきりと見ることができたと伝えています。

9to5Mac

この場合はユーザーがiPhoneのカメラをQRコードやバーコードに向けると、Apple Payに登録されたクレジットカードで請求書などの支払いができるというわけです。

その逆に、ウォレットアプリが生成したQRコードをスキャナに読み取らせることもできるとされています。つまり前者が、一般的なキャッシュレス決済アプリで公共料金の請求書をカメラでスキャンして支払い、後者がコンビニ等でスマートフォンの画面にQRコードを表示して店舗側に読み取ってもらう方式に相当すると思われます。

また、本機能はパブリックなシステムAPIから発見されたため、サードパーティ製アプリと何らかの形で連携する可能性があると指摘されています。

アップルは開発者会議WWDC20では本機能に言及しておらず、まだ完成していないため、いつユーザーが利用できるようになるかは不明です。そして先月リリースされた最初の開発者向けiOS 14ベータには存在していなかったことから、アップルがまだ開発の途上にあるのは間違いないと9to5Macは推測しています。

iOS 14は2020年後半に正式配信される予定で、7月中には開発者以外も試用できるパブリックベータ版がリリースされると見られています。興味のある方はApple Beta Software Programに登録し、自己責任のもとで先進機能の数々に触れてみるのもよさそうです。

Source:9to5Mac