5月が終わろうとしている。

【画像】逮捕された大学生「ガッガッ」

 この月の韓国と言えば、6日の新型コロナの行動制限緩和、これと前後するソウル繁華街での集団感染発生が話題となった。また7日の元従軍慰安婦による告発に始まる、元支持団体トップの議員辞職危機で騒然となっている。

 一方でこのニュースは外せない。

 “ガッガッ逮捕”。

 韓国史上最悪の組織的オンライン性犯罪「n番部屋事件」の“元祖運営者”のハンドルネームだ。5月9日に逮捕となり、その後、18日にフォトラインに立った。カメラの前で「被害者の皆様と被害者の家族の皆様に申し訳ないと思います」「間違った性観念を持っていました」と無表情で口にした。


逮捕された「n番部屋事件」の元祖運営者 ©︎news1

9つの容疑をかけられた“元祖運営者”

「これで3大管理人はすべて逮捕されたことになります。彼は3月に逮捕された通称『博士』の被害者74人(うち16人が未成年)に比べて本人自供で50人前後ですが、『元祖』という点で罪が重い。『n番部屋事件』は彼のやり方を模倣した者か、彼の協力者が生み出した凶悪犯罪なのです。今回の逮捕により『捜査はようやく終盤』と韓国メディアは評しています」(韓国一般紙社会部記者)

 デジタル性搾取罪。本人が被害者に接触しないかたちの性犯罪は、大きな衝撃を与えている。淫乱物制作、淫乱物配布、強姦、類似性行為、脅迫、強要など9つの容疑をかけられている。

 あらためてガッガッの“犯罪行為”を振り返ってみよう。

女性を「奴隷」扱いし、得た収益は億単位

 5年ほど前から性犯罪を繰り返してきたが、本件の直接的な犯行時期は2019年2月頃から8月までだ。スマートフォンアプリやインターネット上に番号などを振り分けたチャットルームを作り、そこに「奴隷」と呼ぶ若い女性に自ら撮らせた性的写真や動画などをアップさせた。これを有料会員に公開、販売することで収益を得ていたのだ。“n番”のnとは「自然数の集合体」の意味で、かみ砕いていえば“某”ということだ。

 ガッガッはSNS上でセクシーな写真をアップしている女性に「高額バイトがある」、「警察の捜査」などと声をかけ、個人情報を入手。ここから脅迫をかけ、性的写真をアップさせた。被害者には10代女性も多く含まれている。

「カメラを見つめ自慰行為をさせるのは“基本”でした。なかには男性トイレに裸体で寝そべらせたり、未成年者のレイプ動画を配信することもありました」(同前)

 捜査段階では、チャットルームでの残忍な言葉のやりとりも入手された。

「これはゲームなんだよ。奴隷(被害者女性)が1年我慢して、逃げれば解決するゲーム」

 政府のデジタル性犯罪被害者支援センター はすべての管理人下のチャット部屋の総数は100ほどと確認。これを眺めた有料会員が26万〜30万人いると言われている。チャットの入場料(一人あたり最高で150万ウォン/13万円)から、「管理人」たちが得た収益は3900億ウォン(約341億円)に及ぶとも算出されている。

「ガッガッ」とはどんな人物なのか

 すべての始まりといえる「ガッガッ」とはどんな人物なのか。

 本名を「ムン・ヒョンウク」という。国立大学建築学部に通う大学生だった。

「ガッガッ」とは「GodGod」の韓国語式読みだ。自分のことを「神」と称していた。また逮捕前に押収されたスマホのメッセンジャーでの通信記録には「俺は絶対捕まらない。携帯を捨てれば、話は終わりなんだから」と豪語していた。

「このこともあり、警察側も『逮捕は100%可能』と発表するなど猛烈なプレッシャーをかけました。彼のものであると予想できるeメール、SNSのアカウントのみならず、本人が映っていると推測される防犯カメラの分析、また彼は有料会員からの報酬(n番部屋への入場料)を商品券で受け取っていたため、これを換金する業者も捜査対象としました」 (前出・社会部記者)

 3月24日にデジタル性犯罪特別捜査本部を結成。また4月3日には捜査を担当する慶北地方警察が他のサイバー事件の捜査を一旦中断、25人体制を組み、彼の逮捕に力を集中させる徹底ぶりだった。

 かくして、身元を割り出し、5月9日から「2018年の大邱での女子高生性暴行事件」にの容疑で逮捕し事情聴取を行った。その過程で11日に「自分がガッガッである」ことを自白。12日に勾留期間延長が決まった。13日に写真と名前の公開が決定、前述の通り18日にはメディアのフォトラインの前に立った。

徴兵が心の闇を生んだと自供

 そこに現れたのは、1995年10月19日生まれの24歳だった。出身地は京畿道の始興市。居住地は安城市で、同市内の韓京大学の建築学部に2014年に入学。休学しての徴兵を終え、4年生として在籍中だ。韓国メディアでは、「中高時代は問題も起こさず、人間関係も悪くはなく、勉強も適度にやる。平凡な学生だった」という人物像が報じられている。

「学校での彼を知る人の多くは『おとなしくて印象に残っている姿もない』といいます。しかし2014年に大学入学後、1年を終え、徴兵に行ったことが心の闇を生んだと自供しています。友人たちと別の時期に休学して行ったため、連絡が途絶えてしまった。親しい人がいなくなったのだと。確かに『いつもポツンと講義室の入り口で授業を聞いている。その姿しか印象にない』という声も聞かれます」(韓国月刊誌記者)

 しかし2018年2月、「n番部屋」を設立。相手の両親までも脅迫し、わいせつ動画・写真をアップさせる犯行を繰り返していた。同年8月に「n番部屋」の運営をハンドルネーム「ケリー」に引き渡したが、その後「博士」の運営する別のチャットルームに現れ、連絡を取り合ったことも確認されている。

「その頃彼は、学術に打ち込む姿勢を見せているのです。学内の成績は中位圏ながら、建築学の担当教授とともに学会誌に論文を共同で書いたり、専攻関連の対外活動に加わったりしていた。しかし、グループでやる卒業制作の準備中に突如、休学届を出した。校内ではこれが共犯者の『博士』の逮捕と重なったため、『あいつが実はガッガッではないか?』という冗談も出ていたそうです」(同上)

 周囲には「いい顔」を見せていた。これは先に逮捕された「博士」と共通する点だ。奇しくも2人は同じ95年生まれで、誕生日も5日違いだ。ただ前者との違いは「より冷酷に見えること」。フォトラインでの発言、表情ともに冷静に見え、「反省の色が見えない」などと報じられた。

被害者だと言い出せない実情も

 ムン・ヒョンウクの逮捕により「3大管理人」の身柄が拘束された。今後、より深い動機と、このやり方を思いついた背景の解明が待たれるところだ。事態はこの後、どう展開していくのか。

 まず、考えるべきは被害者のことだ。

 5月7日の時点でソウル地方警察庁デジタル性犯罪特別捜査本部が把握する被害者は289人。うち233人の身元が把握されている。10代が127人、20代74人、30代22人、40代5人、50代以上が5人だ。 

 5月18日、「KBSニュース」に被害者を支援する韓国サイバー性暴力対応センターのキム・ヨジン被害女性局長が出演した。

「政府・民間双方で相談窓口を設けています。しかしなかなか被害者だと言い出せない方がまだ多いのです。言い出すことによって、逆に何かのきっかけで動画や写真が拡散してしまうのではないか、そっとしておいたほうがいいのではないかと考えるようです。『ここから先も、同僚や友人が制作物を見るのではないか』という恐怖を訴える人が多いですね」(キム・ヨジン局長)

 政府はまず安全で完全な写真・動画の削除から始めることにしているという。

有料会員は26万人 まだまだ広がる深い闇

 また管理人たちの刑罰と合わせて、26万〜30万人といわれる有料会員への対処も重要な問題だ。3月以降、会員の男性2人の自殺(ひとりは未遂)が報じられた。「動画・写真を見た」と自首する事例も出ている。陸軍の大尉が閲覧を認めたニュースも報じられた。

「それでもまだまだ闇は深いです。ネット上では被害者女性に対し、『金を稼ごうとしたんだろ?』『もともとセクシー系の写真をアップしていたじゃないか』という誹謗中傷がある。また、『ガッガッ』の逮捕に『もう、動画が見られなくなるの?』という書き込みすらあるのです」(韓国一般紙記者)

 韓国検察の特別捜査本部は3月25日から5月7日までの間にデジタル性犯罪で517件・430人を検挙。このうち79人を拘束した。検挙された430人の内訳は、制作・運営者116人、流布者143人、所持者160人、その他11人。年齢別に見ると10代134人、20代173人、30代90人、40代25人、50代以上が8人となっている。

(吉崎 エイジーニョ)