女子のマウントって、いつの時代にもあるものですよね。特に男子が絡むと、嫌味や見下しがヒートアップする人もいると思います。そこで今回は「友達のあざとさにドン引きした瞬間」についてご紹介します。

自虐風自慢で友達をおとす

・「谷間を強調した服で『私、胸大きいから肩こっちゃって〜』『○○ちゃんはちょうどいい大きさでうらやましいな!』と男子の前で言われたこと。すごくイヤな感じでした」(30代/サービス業)

・「飲み会で『○○ちゃん(私)は大人っぽくていいな! 私童顔だからいまだに10代と間違えられちゃうの』と言い出した子がいました。それは私が老けているってこと? まんまと男子は釣られていたし、『あざといわ〜』と思いました」(30代/事務)

▽ 自虐や謙遜と見せかけて、友達を蹴落とすパターンってありますよね。
「私のことずいぶんと見下しているな……」と思うのですが、男子は彼女が本気で悩んでいると勘違いすることが多いのも事実です。「気にする必要ないよ!」「それが○○ちゃんのいいところだよ!」と褒めはじめ、なんだか複雑な心境に……。

嘘くさい「かわいい!」

・「明らかに私より美人で細い子が、男子の前で『○○ちゃんかわいい〜!』と褒めはじめたことです。絶対見下してるじゃん!」(20代/接客)

▽ 女子ってなんでも「かわいい」って言ってしまいがちですが、美人な子にルックスを褒められても、「これ無意識にマウントしているんだろうな」と思うだけなのです。
ただ、多くの男子も「かわいい」を乱用する女子が苦手な傾向にあるようです。そのためこのあざとテクは、あまりモテにはつながらないのかも。

知られたくない話をさらす

・「私は1年前まで15埖世辰討い燭里任垢、がんばって痩せたんです。
でもとある子が合コンで、『○○ちゃんってすごい痩せたんだよ〜!』と言い出した。しかも、勝手に太っていた頃の写真を見せたりとやりたい放題で、本当に最悪でしたね」(20代/印刷)

・「私はスッピンとメイク後の顔が違うタイプです。それは友達も知っているのですが、なんと私が片思いしている男子に告げ口していたんです!『○○のスッピンは別人なんだよ!』と彼に言っていて、もうドン引きでした」(20代/IT)

▽ わざわざ言う必要のない友達の過去を、突然男子にさらす子ってときどきいるのです。しかもネタがネタなだけに、周囲も興味津々。
「その写真見せてよ〜!」と盛り上がりはじめ、加えて友達が「○○ちゃんって努力家ですごいよね〜!」なんて言うものだから、男子も「この子って優しいんだな」と勘違いするのです。本当は友達を蹴落とすことしか考えていない、あざとい女なのに……。

まとめ

男子が絡まないと、友達の本性がわからない場合も多いですよね。そのため意外な子が、自分をよく見せるためなら手段を選ばないと気づくことも……。
「友達のあざとさにドン引きした瞬間」は、後編に続きます!