火遊びで送電ケーブルが焼損 関西電力が少年に5100万円の賠償求め提訴

ざっくり言うと

  • 関西電力が京都市の16歳少年を、約5100万円の損害賠償を求めて提訴した
  • 河川敷で火遊びをし、近くを通っていた送電ケーブルを焼損させたという
  • 関電側は少年が出火後に逃走したことを指摘し、「過失は大きい」と主張した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング