「自分は貧困」と気づかない若者が増加 今の日本で必要な支援の形とは

ざっくり言うと

  • 多くの若者が、支援を必要としながらも「自分は貧困」だと気づかないという
  • 問題なのは、支援窓口や法律の使い方を知らないことだとNPO法人代表
  • また親の同意書を必要としないなど、支援制度にもニーズの反映が必要とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング