さくらさんに感謝しているというキートン山田さん

写真拡大 (全3枚)

 1990年にスタートした人気アニメ『ちびまる子ちゃん』。8月15日に原作者のさくらももこさん(享年53)が亡くなったニュースは大きな悲しみを呼んだ。この国民的アニメで小気味よいツッコミを放つナレーションをしているのがキートン山田さん(72才)だ。キートンさんに、さくらさんとの思い出から、『ちびまる子ちゃん』との出会い、同番組ならではのナレーションのこだわりを聞いた。

――さくらさんの訃報を聞いて、どのような思いを持たれましたでしょうか。

キートン:突然の訃報にびっくりしました。信じられなかった。あまりにも若すぎるし、今も実感は無いです。亡くなられていたことを知らされた、その前日、妻に「ももこさんの息子さんが誕生して数か月の頃、出演者とスタッフの食事会に連れて来られて、ぼくが抱っこしたことがあるんだよ」と話していたんです。いつも明るくて、気さくで、ぼくは「先生」と呼んだことはありません。

 声優歴の半分以上を『ちびまる子ちゃん』に出演しています。人生が大きく変わった作品です。いつの日か、ぼくが引退する日が来たときは、天才・さくらももこさんに「お世話になりました。ありがとうございました!!」と直接お礼を言うつもりでいました。それが叶わなくなってしまい、本当に本当に残念でなりません。

――『ちびまる子ちゃん』のナレーションを担当することになったきっかけもさくらさんだったそうですね。

キートン:番組の放送が始まる前、15秒の“番宣”に呼ばれたんです。第1話で、まる子とお姉ちゃんが「お前がバカだ」とケンカしているシーンで、「あんたがバカである」とツッコミをして、「1月7日放送開始」と言うだけのナレーションでした。それは単発の仕事だと思っていたんです。

 そのテープを、ニューヨークに行っていたさくらももこさんが聞いて、“この声だ、このしゃべり方が欲しかった!”って小躍りしたそうです。それでナレーターに決まったんです。放送が始まって何年もたってから、ご本人に聞いたんです。まさかレギュラーになると思いませんでしたね、しかもこんなに長く。さくらさんもこんなに長く続くと思っていなかったとおっしゃっていた。さくらさんには本当に感謝しています。

――ナレーションは本編に割り込んでツッコミをする珍しい作りですね。

キートン:面白いなと思いました。そういうナレーションはしたことがなかったし、まる子はなにを言われてもめげない。登場人物と掛け合いをしているような感覚が新鮮でした。

――おなじみの「後半へつづく」はキートンさんのアドリブから始まったとか。

キートン:放送初期の頃、前編・後編にわける形が続いていました。CMのちょっと前に1秒半くらいの間があったので、見ている人のことを考えて、わかりやすく「後半に続く」と言ってみたんです。それはテストでしたが、本番でも録って、放送されました。当時はさくらさんが脚本を書いていたのですが、その収録以降、さくらさんの手で「後半へつづく」と台本に書かれるようになりました。

――『ちびまる子ちゃん』のナレーターとして、意識していることは?

キートン:『ちびまる子ちゃん』が決まる前に挫折があってね。アニメブームの終息と共に声優の仕事がなくなって、転職も考えました。これからどう生きようかって時に、先ほど言った“番宣”の仕事が舞い込んだので、とにかくありのままの自分を出していこうと決めたんです。自然体でやろうと。この仕事を続けられるのは『ちびまる子ちゃん』のおかげです。

 普通の声に近い声でやるから、ちょっとでも風邪をひくと、影響されやすい。バラエティーとか旅番組は声を作ってるから、ある程度、勢いでできるんです。でも、『ちびまる子ちゃん』の場合はごまかせないから緊張します。体調管理、音を保つのが本当に大変。自然体は作る芝居より難しいので、神経を使います。

――体調を崩して、収録できなかったことは?

キートン:恥ずかしながらあります。風邪をひいて、3週ほどダメだった。3、4週間分は撮り溜めしているから、穴を開けずにすみましたけど。風邪をひいた時は、ぼく以外のみんなが集まって収録して、ぼくは後から一人で一気に収録しました。それは放送が始まって1、2年の頃で、それからは休んだことはありませんよ。

――毎週、オンエアは見てるんですか?

キートン:見てますよ。まだ幼い孫と一緒に見ていると、ぼくの顔を見て、テレビを見て、不思議そうな顔をします。向こうでしゃべってるのかなって、テレビの裏にぼくを探しに行ったりもします。

『ちびまる子ちゃん』って、どこにでもありがちな家族だから誰でも共感できるし、3世代で暮らしているだけで“ドラマ”だよね。今はめっきり減りましたからね。それに、まる子を含めて個性的なキャラクターが出てくるし、だから声優陣も個性的だし、芝居している姿を見ているのも楽しいよ。みんな年齢を忘れて演じてますから、小学3年生を。

――収録現場の様子はどんな感じですか?

キートン:30分のアニメ番組って、収録に2時間くらいかかるんです。1回座ったままアニメを一通りみんなで見て、その後、立って実際に声を出す。その次が本番ですから、どうしてもそのくらいかかるんですよ。ベテランぞろいだから2時間で終わるのは早い方だけど、NGはちょこちょこありますよ。

 スタジオには翌週収録分の台本が置いてあるの。それを持って帰るんだけど、家では読まないね。新鮮な気持ちで本番に臨んだほうがいいかなって。

――『ちびまる子ちゃん』の声優さんたちとプライベートなおつきあいはあるんですか?

キートン:初期の頃は仲間うちで飲みに行ったりしたんだけど、最近はみんな年を取ったので、なくなったよ。忘年会は、制作会社さんも含めて豪勢にやります。ホテルの宴会場で、立食パーティー形式。150人くらい集まるかな。 

――最後にキートン山田さんにとって、『ちびまる子ちゃん』とは?

キートン:44才のときから放送が始まったんですけど、人生が変わりました。こんなに長い番組をやったことがないしね。なかにはやりたくない仕事だってありましたよ。でも『ちびまる子ちゃん』には、出会えてありがとう、という気持ちでいっぱい。やりたい仕事だと思えましたから。いつまでも続けていたいです。

【キートン山田(きーとん・やまだ)】
1945年10月25日生まれ。北海道出身。1970年、声優デビュー。アニメ『一休さん』の将軍さま役やアニメ『サイボーグ009』の004役などで脚光を浴びる。1983年、山田俊司からキートン山田に改名。1990年、アニメ『ちびまる子ちゃん』のナレーションで再ブレイク。俳優・ナレーター・声優として活躍している。

撮影■浅野剛