7回1失点快投も降板後に救援陣が炎上米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、打線の援護なく降板後には救援陣がつかまりチームは1-5で敗れた。地元紙では「オオタニの快投がブルペンの失態によって台無しに」と報じられている。好投も報われなかった。大谷は直球、スライダー、スプリット、カーブと多彩な