◇第101回全国高校野球選手権大会2回戦仙台育英8―5鳴門(2019年8月14日甲子園)第1試合は、3年連続出場の仙台育英(宮城)が8―5で鳴門(徳島)を下して勝利。13安打の猛攻と3投手の継投で2年ぶりの3回戦進出を決めた。仙台育英は初回、先頭の1番・中里(3年)が初球をいきなり叩き、左翼線二塁打で出塁。2番・宮本(2年)は三塁へのセーフティバントでつなぎ、無死一、三塁の場面で3番・入江(2年)の併殺打の間