2019年4月の昼時に東京・池袋で乗用車が暴走し、2名を死亡させた「池袋暴走死傷事故」で、過失運転致死傷罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の第7回公判が4月27日に東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。

この事故は飯塚被告がプリウスを運転中、多数の通行人を巻き込みながら暴走を続けた結果、自転車に乗っていた松永真菜さん(31=当時)と娘の莉子ちゃん(3=同)を死亡させ、9人に重軽傷を負わせたというものだ。

刑事裁判が続く今年1月には、遺族が飯塚被告を相手取り民事訴訟を起こしたことを公にした。翌月の第一回口頭弁論において、松永真菜さんの夫で、莉子ちゃんの父親である松永拓也さんは「真実を知るために考え得るあらゆる手段の一つが民事裁判だった。私の前で真実を明らかにしてほしい」と、刑事裁判が長引く可能性、被告が高齢であることなどを踏まえての提訴だったことを語っている。

長引く刑事裁判では、今回ようやく被告人質問が行われた。

この日も被告は初公判と同じように車椅子で法廷に現れた。初公判で読み上げられた起訴状によれば、被告は当日午後12時23分ごろから、豊島区東池袋の二車線道路を東池袋から護国寺方面に時速約60キロメートルにて走行中、ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込み、そのまま時速84キロメートルまで加速。

さらに時速96キロメールまで加速を続け、横断歩道付近にいた通行人や車に次々と衝突し、自身の妻を含む9名に重軽傷を負わせ、松永さん母子を死亡させるに至ったとされる。

だがこの日も、罪状認否と同様に「自分に過失はなかった」という趣旨の発言を繰り返した。「自分はアクセルペダルではなくブレーキペダルを踏んだ」という主張だ。

被告の話によれば、当日は12時半に予約していたレストランに向かうため、12時に家を出発したという。妻を助手席に乗せ、被告がプリウスを運転した。東池袋交差点で左にカーブを切る手前で、異変を感じたという。

弁護人 「普通はどうしますか?」

被告 「ブレーキペダルを踏んで減速して、左へ曲がるウインカーを出します。カーブに沿ってハンドルを切って、アクセルペダルを踏みます。交差点手前には車線変更禁止のとこがあって、そこで左へ曲がる用意をしました。それで左ウインカーを出しました」

この日もそのようにしたつもりだったというが「思ったより、スピードが速いと感じて。曲がる前には異常はなかったのに」と振り返る。カーブを曲がるときはいつもブレーキペダルの上に置いているという右足は、この日も被告によれば同じようにブレーキペダルの上に置いていたのだという。

弁護人 「そのときの車のスピードは?」

被告 「40〜50キロだと思います。速いんです。思ったより速いスピードで曲がってしまいました」

弁護人 「ドライブレコーダーでは、左折の最中に『おお』という声をあげていますが?」

被告 「覚えていません」

弁護人 「では、なぜ『おお』だと思いますか?」

被告 「思ったよりスピードが出たから。アクセルを踏んでないのに、スピードが出たからではないかと」

カーブを曲がり切ったところで車線を変更したというが、他にも異変を感じていた。

被告 「エンジンが異常に高速回転してしまって、ガードパイプと接触しました」

弁護人 「右足は?」

被告 「ブレーキのほうです」

被告によればブレーキペダルを踏んでいるのにもかかわらずスピードが出て、エンジンは高速回転したという。

被告 「アクセルペダルではないのに、高速回転になりました。加速しました」

弁護人 「どのあたりで?」

被告 「左車線に入った直後ぐらいです」

弁護人 「そのときの気持ちは?」

被告 「制御できなくなって、恐ろしくなって、パニック状態になったと思います」

幾度も「アクセルを踏んでいないのに、加速していました」と被告は振り返る。そしてパニック状態に陥ったそうだ。だがそんな窮地にありながらも「調べようと、ちょっと視線を落として」自分の踏んでいたペダルを見たところ「床に張り付いて見えた」のだという。

被告によればその後「ずっとブレーキを踏んでいたのに車は止まらず、交差点で車に衝突してようやく止まった」のだそうだ。

弁護人 「ドライブレコーダーに『どうしたんだろう?』の声がありますが?」

被告 「はっきり覚えていません」

弁護人 「では、なぜそんな声が出たと思いますか?」

被告 「思わざる加速に、驚いて発したんだと。何かおおきなものにぶつかって……」

弁護人 「そのとき、右足は?」

被告 「ずっとブレーキペダルを踏んでいたと思います」

ドライブレコーダーに記録されている状況については「覚えていない」ながらも、踏み間違いの可能性については一切言及はなく「ブレーキペダルを踏んでいた」と繰り返した。また、パニック状態にありながらも、焦ってはいなかったと強調した。

検察官 「ドライブレコーダーでは、バイクが接近して、車線を変更しているが、焦った運転をしたのでは?」

被告 「そんなことは、まったくありません」

検察官 「スピードについては、危険は?」

被告 「思いませんでした」

検察官 「カーブの途中で『おお』と声を出していますが、焦ったんですか?」

被告 「いいえ」

被告はこの日より前の2018年春ごろから杖をついて歩くようになっていた。もともと1本だった杖が、2本にもなっていた。その前年には、足のふらつきを覚え病院を受診し、のちにパーキンソン病と診断を下されている。

医師からは運転をやめるように忠告されていたが「(運転と足のふらつきは)関係ありませんでした。まったくなくて、普通に運転ができました」と、運転は問題なくできていたと強調する。

検察官 「高齢化すると、運動能力、判断能力、認知能力が低下しますね?」

被告 「はい」

検察官 「それらが低下したとは思わないんですか?」

被告 「認知機能も、運動機能も、車の運転については少なくとも問題ないと思っていました。車の使用頻度が上がっているので」

90歳手前になり身体的な衰えを客観的に指摘されながらも、自身では運転には問題ないと考えていたようだ。「目で見たものと、ドライブレコーダーの内容が違う」とも主張している。

真実は被告の見たものか、それともドライブレコーダーに記録された映像か。次回の公判では遺族の松永さんが直接、被告に質問を行う機会が設けられる予定だ。

取材・文:高橋ユキ
傍聴人。フリーライター。『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社)、『暴走老人・犯罪劇場』(洋泉社新書)、『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)、古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)など殺人事件の取材や公判傍聴などを元にした著作多数。