3色展開もうれしい

写真拡大

プラチナ万年筆は2012 年4月20日、通常のボールペンにタッチパネル用の入力ペン機能を備えた筆記具「タッチパネル用ミニボールペン」を発売する。

一方のペン先は通常のボールペンで、反対側はタッチパネル用の入力ペンというユニークな作り。最もこだわったのは携帯性だ。同社のコレクションの中から、一番細い金属軸を選ぶことで、持ち運び安さと耐久性を確保した。スマートフォンなど、携帯するタッチ・パネルが増えたいま、便利な商品といえそうだ。

サイズは全長127mm×最大径6.4mm、重さは6.4g。シルバー、シャドーメタル、ロイヤルブルーの3色で、価格はすべて630円。