上下黒のパンツスーツに黒髪を束ね、真紅の口紅に決意を滲ませ直立する女性。以前と変わらぬ容姿端麗なその姿に、傍聴人たちの目は釘付けとなった。

【画像】バルセロナでの大麻パーティー“衝撃の現場画像”を全て見る

「女優復帰する資格はない」

 そう語った彼女だが――。


©共同通信社

◆ ◆ ◆

 昨年11月に合成麻薬等の所持容疑で逮捕された沢尻エリカ(33)の初公判が、1月31日に行われた。

「現実から逃避した世界と薬物がつなげた偽りの友情から抜け出せなかった」

 練り上げられた言葉を、長台詞のように淀みなく発する。法廷は「女優」のために用意された舞台のようだった。だが、検察側の質疑応答になると様子が一変。司法担当記者が振り返る。

「時々目を伏せたり、唇を何度も舐めたり、緊張しているような仕草が見受けられました。『なぜ甘い考えを抱いたのか?』と検察官から核心的な質問が飛ぶと、回答に窮して沈黙を続け、『それは今でも自分の中で自問しています』と答えるのが精一杯でした」

沢尻への“ラブコール”が絶えない

 初公判を終え、各メディアには「沢尻引退」の文字が盛大に並んだ。その一方で、公判では所属事務所エイベックスの役員が「女優復帰」を匂わせてもいた。

「検察側が読み上げた役員の陳述書には〈女優として素晴らしい才能がある〉〈個人的には彼女の作品をもう一度見てみたい〉などとあり、復帰に前向きな事務所の姿勢が透けて見えました」(同前)

 実際に彼女への“ラブコール”は絶えないと、事務所関係者は語る。

「まだ具体的な予定はないものの、テレビやネットも含めて『落ち着いたらうちで』と声が掛かっているのは事実。ただ、沢尻自身は復帰云々以前に、今はまだ何も考えられない精神状態にあります」

 入院している慶応大学病院内の一室。スポットライトに包まれていた彼女の姿は今、暗闇の中にあった。

「窓もカーテンも締め切り、反省した様子で終日、ぼーっとしています。逮捕されて以来、一度も日の光を浴びていない。病室のテレビもつけず、パソコンも携帯も弁護士に預けて、一切の情報から距離を置いている。逮捕と同時に、これまでの友人関係が偽りだったことを思い知って、ほとんど“人間不信”の状態に陥っています」(同前)

沢尻を人間不信に陥れた“知人男女の二人”

 彼女を追い詰めたのは他でもない、捜査機関に「薬物入手ルート」として証言した“知人男女の二人”である。沢尻は法廷で「彼らと過ごした日々からは何も生まれず、非生産的な日常はすべて幻でした。すべてが害だったと心の底から後悔しています」と語った。週刊文春が指摘してきた“クスリ人脈”を、自らが裏付ける形となったのだ。

 この二人と見られるのが、まず、12年6月に離婚を表明した沢尻が身を寄せた、元交際相手でファッションデザイナーのA氏(38)。

「沢尻は自宅マンションで押収されたLSDとMDMAについて、Aからもらったと供述している。Aも共同所持の疑いで逮捕されたが、彼の事務所を家宅捜索したところ違法薬物は見つからず、結局、不起訴処分で自由の身になった」(前出・司法担当記者)

 そして、沢尻が逮捕直前にA氏と共に訪れた渋谷の人気クラブ「W」で、イベントを主催していたX子。

「沢尻より約10歳年上の彼女は、“クラブ業界の女帝”と呼ばれ、沢尻も姉のように慕っていました。X子の周りにはドラッグの噂が絶えず、沢尻などの有名人を手懐け、集客のために利用していた。彼女は沢尻の逮捕直後にSNSを非公開にし、海外に高飛びしています」(音楽関係者)

 沢尻の今後について、エイベックス広報は、

「弊社としては薬物依存という病の治療と社会復帰のための人道的支援を続けていく所存であり、今後の処分や対応は6日の判決を受けて協議し、決定します」

 闇の世界を抜け、幻ではない光を浴びる日は来るのだろうか――。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年2月13日号)