グレタ・トゥーンベリさん

写真拡大

16歳の活動家「グレタさん」への違和感(1/2)

 わずか1年前にひとりでストを始めた無名の少女は、一躍、世界中から賞賛を集める存在となった。ついにノーベル平和賞の最有力候補にまで登りつめた環境問題のジャンヌ・ダルク――。だが、口を極めて大人たちを糾弾する彼女の姿には、どこか違和感を禁じ得ないのだ。

 ***

 15歳から自動車修理工場で丁稚奉公に励み、一代にして「世界のホンダ」を築き上げた本田宗一郎は、自著『得手に帆あげて』でこう述べている。

〈「若さ」は、よりよき将来を、誰にも気がねなしに要求できる特権を持っている〉

 いま、世界中の誰よりも激しくこの「特権」を行使しようとしているのは、スウェーデンで生まれ育った16歳の少女だろう。その一挙手一投足に、大人たちは注目し、恐れ戦(おのの)きつつも、礼賛一辺倒の態である。

グレタ・トゥーンベリさん

 彼女を一躍、時の人にしたのは9月23日に米・ニューヨークで開催された国連「気候行動サミット」でのスピーチだった。

 日本では、前日に行われた記者会見における小泉進次郎環境相の「セクシー発言」ばかりが取り沙汰されたが、世界の目はこの少女、グレタ・トゥーンベリさんにクギづけとなった。

 中学校を卒業したばかりの若き「環境活動家」の言葉は極めて峻烈だ。曰く、

〈私はここに立っているべきではない。私は海の反対側で学校に戻っているべきだ。それなのにあなたたちは、私たち若者のところに希望を求めてやってくる。よくもそんなことができるものだ! あなたたちは空っぽの言葉で、私の夢と子ども時代を奪い去った〉

〈私たちは絶滅に差し掛かっているのに、あなたたちが話すのは金のことと、永遠の経済成長というおとぎ話だけ。何ということだ!〉

〈もし本当に状況を理解し、それでも座視し続けているとしたなら、あなたたちは“悪”だ!〉

〈あなたたちには失望した。しかし若者たちはあなたたちの裏切り行為に気付き始めている。全ての未来世代の目はあなたたちに注がれている。私たちを失望させる選択をすれば、決して許さない。あなたたちを逃がさない。まさに今、ここに私たちは一線を引く〉

 両目にうっすらと涙を湛えながら、じっと正面を見据え、鬼気迫る表情で糾弾を続ける少女――。年輩者へのリスペクトもなく、口を極めて大人を罵る苛烈な言葉に眉をひそめ、当惑した向きも少なくなかったのではないか。確かに、過激な物言いはともかく、彼女の主張には頷ける部分もある。

 2020年に運用が始まる、温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」は、産業革命前からの平均気温の上昇を2℃未満、できれば1・5℃未満に抑えることを目標としている。だが、政治部記者によれば、

「各国の足並みは揃わず、その取り組みは目標値に遠く及ばないのが実情です。アメリカのトランプ大統領が就任早々、協定からの離脱を表明したのも記憶に新しいところ。一方で、気候変動を評価する国連機関“IPCC”はさらに厳しい試算を報告しています」

 遅々として対応が進まず、状況だけが悪化する現状にグレタさんは「失望」しているわけだ。彼女が突きつける言葉は「あなたたち」、つまりはすべての大人に対する批判であり、そこに宿る感情はもはや「憎悪」と呼ぶのが相応しい。

 にもかかわらず、スピーチを聞いた大人たちは、彼女に賞賛の拍手を惜しまない。日本でも、朝日新聞が〈こうした若者たちの怒りを重く受け止めねばならない〉と社説で持ち上げ、毎日新聞の1面には〈「おとぎ話」はやめて 怒るグレタ世代〉の文字が躍った。

 それだけではない。

 今回のスピーチに先立って、彼女はエスピノサ国連総会議長やオバマ前米大統領と面会。それ以前にもマクロン仏大統領やローマ法王と対面を果たし、ついには、今月11日に発表が予定されるノーベル平和賞の候補にも推薦された。しかも、イギリスのギャンブルサイトでは2位以下を軒並み大きく引き離し、断トツの「本命」扱いなのだ。下馬評通りの結果となれば、彼女はマララ・ユスフザイさんを抜いて史上最年少のノーベル賞受賞者となる。

 とはいえ、16歳の少女に口を極めてこき下ろされながら、ただ賞賛することだけが大人の取るべき態度なのだろうか。

 彼女と、彼女を持ち上げる大人たちへの違和感はどうにも拭えないのだ。

400万人デモ

 環境運動の新たなヒロインについて語るには、まず彼女の生い立ちを知るべきだろう。

 グレタさんの母親はスウェーデンでは有名なオペラ歌手。父親も俳優という芸能一家で、3歳年下の妹がいる。そんな彼女の「活動家」としての原点は11歳の時に学校の授業で観た映画にあった。

 一家4人で書き上げたという『グレタ たったひとりのストライキ』によれば、その映画は、世界中の海に浮遊するプラスチックごみがメキシコよりも大きな島を作っていることを伝える内容。上映中に泣き出した彼女は、ショックから摂食障害となる。体重は2カ月で10キロも減り、まもなく「アスペルガー症候群」と診断された。しかし、彼女はその後、独学で環境問題について知識を深めると、昨年8月20日にある行動に打って出る。

「グレタさんは学校を休んでスウェーデンの国会議事堂前に座り込み、ひとりでストを始めます。その姿はSNS上で話題になって、3週間後には子どもと大人合わせて約千人がデモに加わった。“アスペルガーである私にとって、ほとんどすべてのことは白か黒か”と語る彼女は、温暖化問題も白か黒かの問題だという。また、“未来がなくなるのなら、なぜ勉強しなくてはならないのでしょうか”とも。このハッキリとした物言いが子どもたちの心を掴んでいるのです」(同)

 グレタさんは毎週金曜日に学校を休んでデモを続行。両親もそれをたしなめるわけではなく、むしろ理解し、支援している様が窺える。「未来のための金曜日」と名付けられたデモ活動は瞬く間に世界中の若者を巻き込んでいった。

 彼女のツイッターのフォロワー数は260万人を超え、今年9月20日に行われたデモには約160カ国で400万人以上が参加した。

 国連でのスピーチを終えてカナダへと渡った彼女は、

「27日にモントリオール市長の招きでデモに参加しています。主催者発表で50万人が集ったこのデモは、ケベック州史上最大の規模にまで膨れ上がりました」

 とは、カナダ在住のジャーナリスト・關陽子氏。

「トルドー首相も加わったデモはグレタさんの会見で締め括られました。なぜ一部の大人たちに攻撃されるのだと思いますか、と問われた彼女は、“私たちのインパクトが強いことの証明だし、大人たちが黙らせようとすれば、かえってその力は広まっていく。むしろ喜ばしいことだ”と答えています」

 この現象はヨーロッパ各国では昨年のうちから飛び火していた。在独の作家・川口マーン惠美氏が語る。

「ドイツでは昨年11月頃から学校を休むデモが広まりました。参加者には義務教育課程の子どもたちが多く、法律にも抵触するため当初は批判の声もありましたが、いまでは親や教師も賛同し、デモへの参加を課外授業扱いにして欠席としない学校も多いのです」

 一方、グレタさんたちの主張は理想主義的であると同時に、かなり極端でもある。CO2を削減するために「石炭火力発電をやめろ」、「飛行機や自動車に乗るな」と訴え、牛のゲップはメタンガスを含み、飼料を育てるのに森林が伐採されるから「肉は食べない」とも公言する。

「自動車社会のドイツで車通勤を禁止することはもちろん、いますぐ火力発電を再生可能エネルギーで代替することもできません。もし彼女たちの言う通りにすればドイツ経済は間違いなく悪化する。当然、彼らが大人になる頃の景気や雇用、収入にも暗い影を落とすことになります」(川口氏)

 デモが終われば子どもたちは暖かく、電気の灯る家に帰り、ベッドに寝転びながらスマホで連絡を取り合う。なかには親に車でデモの集合場所まで送ってもらう子もいるという。

 さらに、グレタさんは国連の会合に参加するため、太陽光パネルや水中タービン発電機を搭載したヨットでニューヨークを目指したが、スタッフは空路で渡米し、船長も飛行機で帰国すると報じられた。こうした「矛盾」をはらんだ活動となっているのだ。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年10月10日号 掲載