Image: Apple
画像は今年のiPhone 11 Pro

あと1年後か…

いよいよ「iPhone 11シリーズ」の発売日が近づいていますが、業界人はもう次を見ているようです。著名リークアカウントやアナリストが、2020年に販売される次期iPhone(iPhone 12シリーズ)の噂を伝えています。

まずは、リークアカウントのBen Geskinから。

iPhone 12 Pro/Pro Maxでは完全新デザインが採用され、ディスプレイサイズは5.4/6.7インチに。ディスプレイは120Hz駆動が可能で、画面内指紋認証も搭載されるとしています。また、ノッチは小型化され、USB-C端子を採用。そして5G通信やリバースワイヤレス充電機能に対応するとのこと。

iPhone 11 Pro/Pro Maxのディスプレイサイズは5.8/6.5インチなので、通常モデルはより小さく持ちやすく、そしてハイエンドモデルはより大画面になるという、割り切りっぷりが楽しみです。

さらにアナリストのミンチー・クオ氏の2020年iPhone像をご紹介。

こちらもiPhone 12シリーズの完全デザイン刷新や5G通信への対応、そしてカメラ機能のアップグレードを報告しています。このうちカメラ機能について、以前のレポートでは距離を測定するToFセンサーの搭載を予告していました。このToFセンサーは、より正確なポートレートモード撮影やAR(拡張現実)機能の充実に役立ちそうです。

iPhoneではマイナーアップグレードとメジャーアップグレードが交互に行なわれてきましたが、どうやら来年は大刷新のターンになりそうな予感ですよ!

Ben Geskin (Twitter), 9to5Mac