采配がさえわたった原監督

写真拡大

 広島が“原マジック”に大困惑だ。13日の巨人戦(東京ドーム)では打線が相手先発の山口を崩せず、8回途中までに10三振。守ってもミスが続出し、1―5で敗れた。首脳陣が「力負け」と認めた敗戦の裏側ではベンチも混乱。敵将の采配に振り回されていた。

 試合の主導権は終始、相手に握られっぱなしだった。先発・九里は3回二死満塁から8番・小林に痛恨の押し出し死球を与えるなど、4回3失点でKOされた。7回の2失点はミス絡み。3番手の遠藤は四球を与えた阿部の代走・増田の足に揺さぶられ、二盗を許した上にボークで三進を許した。慌てて佐々岡投手コーチがマウンドへ上がったが火の手は収まらず、今度は途中出場の三塁・メヒアが併殺打コースのゴロを二塁悪送球。目も当てられない展開で勝負は決まった。

 敗戦濃厚の終盤には敵の“奇策”に戸惑うシーンも。ナインが「あれ、どういうことですか?」と首をかしげたのが、4点を追う8回二死一塁で山口を降ろし、右の鈴木に対して左の中川を当ててきた場面だ。鈴木は中川を今季7打数4安打と打ち込んでいる。ベンチ前では迎打撃コーチと鈴木が「意図が読めない」といった表情でデータを見返す場面も見られた。

「一番いい投手を送ったというところ」と語った敵将の言葉は、データを見る限り素直には受け取れない。結果的に鈴木はライナー性の右飛に打ち取られたが、広島サイドには相手ベンチへの不気味な印象が残った。

 緒方監督は「先のことなんて考えていない。残り試合少ないんだから、目の前の試合を全力で戦っていく」とポーズを変えていないが…。今季の巨人戦は残り1戦。王者の意地を見せつけて終われるか。