女優とモデル、2つの姿で戦う美女たちが増えている。広瀬アリス(23)もその1人だ。残暑が続く9月中旬、 カメラの前に立つ広瀬を都心で発見した。

 半袖シャツや半ズボンというスタッフに囲まれながら、一人秋らしい服装でカメラの前に立つ。この日はファッション撮影の仕事中だったのだ。

 どんな天候のなかでも、季節を先取ったファッションを披露しなければならないのは、モデルならではの苦労。だが、広瀬にとっては、慣れたものかもしれない。

「15歳で、『ミスセブンティーン』に選ばれた広瀬さんは、2015年の『セブンティーン』卒業まで専属モデルを務めました。2015年1月には、妹のすずさんと史上初の姉妹表紙を飾っています。

 一度はファッションモデルを引退しましたが、この4月からは女性誌『with』のレギュラーモデルに就任しています」(芸能プロ関係者)

 一方の女優業も、評判は上々だ。

「広瀬さんは、スタッフ受けが抜群。コミカルな演技からお色気ものまで対応できる幅の広さがあり、出し惜しみをしないので、現場のファンが多いんです。まだまだ伸びると期待する声は多いですね」(キー局関係者)

 女優とモデル、両立するのは大変だろうが、どちらの姿も見続けたい。