7月9日、10日の両日、日本最大のサラブレッド市場「セレクトセール2018」(主催・JRHA日本競走馬協会)が、北海道苫小牧市のノーザンホースパークにて行なわれた。

 例年、売り上げ規模の上昇がとどまることを知らないこのセール。今年もその数字を伸ばし、2日間で1歳馬と当歳馬の合計464頭が上場され、416頭が売却された落札総額は179億3200万円(税抜き、以下同)と、6年連続で過去最高を更新した。

 とくに1歳の落札率は90.6%という驚異的な数字を残すこととなり、1頭当たりの平均価格も1歳では初の4000万円台となる4585万円(昨年は約3997万円)に到達した。また、1億円以上の落札額となったのは、1歳が23頭、当歳が16頭の合計39頭と、これも過去最高だった昨年の32頭を上回った。

 購買者別で見ると、「ダノン」の冠でおなじみの(株)ダノックスが、キングスローズの2017(牡1歳、父ディープインパクト)の2億5000万円を筆頭に、合計11頭で総額11億8900万円を購買。リアアントニアの2018(牡0歳、父ディープインパクト)など、合計10頭で総額10億1800万円を購買した「サトミ」の冠名の(株)サトミホースカンパニーがこれに続いた。


1日目の最高額をつけたキングスローズの2017

 そのほか、ワグネリアン(牡3歳、父ディープインパクト)で今年の日本ダービーを制し、ダービー4勝目となった金子真人ホールディングス(株)が9頭で9億800万円、「ミッキー」の野田みづき氏が同じく9頭で7億4000万円、「アドマイヤ」の近藤利一氏も9頭で5億3100万円と、お馴染みの”ビリオネア”たちが今年も活発な購買を行なっていた。

 ただ、サトミホースカンパニーにしても昨年より6億円以上も落札額が抑えられ、近藤利一氏も昨年は1頭で5億円超えのインパクトが強かっただけに、今年は控えめのように見えた。両者ともに”億超え”の購買はあったが、1000万円台の馬の購買もあり、その価格帯を狙いたかった層にとっては強力な壁となって立ちはだかった。

 昨年の”台風の目”的な存在となった合同会社Dmm.comは、今年は7頭を落札。総額では3億2000万円と昨年のようなインパクトはなかったものの、今年も昨年と同じく、キタサンブラックの全弟となるシュガーハートの2018(牡0歳、父ブラックタイド)を1億2500万円で購買。そのほか、1000万円台の馬も数頭購買しており、話題性だけでなく質でも勝負をかけてきている印象を受けた。第1世代から早くもキタノコマンドールをダービーに送り込んで結果を出しているだけに、今後もその動向に注目だ。

 昨年に引き続き、という点では、1日目にミスセレンディピティの2017(牡1歳、父キングカメハメハ)を2億4000万円で、2日目にサンデースマイル兇2018(牡0歳、父キングカメハメハ)を1億1500万円、ヒカルアマランサスの2018(牡0歳、父キングカメハメハ)を1億4000万円でと、”億超え”を3頭購買した小笹芳央氏の存在感は大きかった。

「下見から注目していたので欲しかったとはいえ、ムキになりすぎたなと。今はめまいがしています(笑)」と振り返っていたが、小笹氏は総額でも9頭で7億8700万円を購買。現役でホウオウドリームやホウオウパフュームといった活躍馬を所有しており、こちらも今後の飛躍が期待される。

 一方で、あまり見慣れない法人名義での購買が散見された。これらは、既存の馬主で、あえて別名義を使っての購買とのこと。そのいくつかは著名馬主でもあるのだが、あまり公にしたくないという意向があるようだ。

 また、今年も海外からの視線は熱かった。なかでも、現在の世界ランキング(ロンジンワールドサラブレッドランキング)1位であるウインクスを管理するオーストラリアのクリス・ウォラー調教師は、獣医などのチームを伴って参戦。しかし、クールモアなどが日本のビリオネアとの競り合戦であっさり返り討ちに遭ったように、1頭も落札することができなかった。

 グレイトパールなどを所有するカタール王族、シェイク・ファハド・アル=サーニ殿下は2日目の終盤にストロングレダの2018(牡0歳、父キンシャサノキセキ)を1500万円で落札。「ディープインパクト産駒はいい馬が多いですが、やはり高額ですね。アドバイスを受けながら、自分の目で選んだ馬をいい価格で購買できて満足しています」と語り、上場したライトニングパールの2018(牡0歳、父ディープインパクト)も1億5000万円で落札され、笑顔でセール会場をあとにしていた。

 今年のセールは、開始前から「場」が熱気を帯びていたことが印象深い。というのも、毎年恒例である1日目のセリ開始前に行なわれる、この1年間でGIを勝利したセール出身馬への表彰が、今年は7頭にも上ったからである。

 このうち、海外でのGI勝ちが2頭。また、7頭のGI勝ち馬の父の内訳がハーツクライ(スワーヴリチャード、ヨシダ)、ディープインパクト(トーセンスターダム)、ステイゴールド(レインボーライン)、ハービンジャー(ディアドラ)、オルフェーヴル(エポカドーロ)、キングカメハメハ(ミッキーロケット)と多岐にわたっていた。つまり、ディープインパクト産駒以外でもこのセレクトセールに「大当たり」が多く含まれていることが証明されたのである。

 その熱気は、表彰に続いて登場した最初の上場馬であるサマーハの2017(牡1歳、父ハーツクライ)ですぐに形となって現れる。なんと、落札額は1億3500万円。確かに血統的にも、半兄のシャケトラ(牡5歳、父マンジャッタンカフェ)が昨年の日経賞を勝つなど活躍しているため、相応の価格がつくことは予想できた。さらに、セール開始後の最初の上場馬は”縁起物”であり、ご祝儀価格のような値段がつくことは珍しくはない。しかし、億を超えるのはセレクトセールの21年の歴史で初めてのこと。

 では、セール全体が熱狂的だったかというと、意外にもそうではなかった。確かに”億超え”の落札馬は1歳で23頭、当歳で16頭とこれも新記録ではあった。ところが、これまで”億超え”の定番だったディープインパクト産駒に、従来のような爆発的な評価が集まらなかったのだ。今年も”億超え”の主力は1歳11頭、当歳5頭のディープインパクト産駒であったものの、当歳馬は昨年の9頭から減少している。


ディープインパクト産駒のリッスンの2017も1億9000万円の値がついたが・・・・・・

 さらに、ジェンティルドンナの姪にあたるドナパフュームの2018(牝0歳)や、ロサギガンティアの姪にあたるトロピカルフロールの2017(牝1歳)などが主取り(ぬしとり:馬に買い手がつかなかったり、価格が生産者の希望価格に達しなかったとき、生産者が値段をつけて引き取っていくこと)となったほか、超良血でこれまでも全兄のロイカバード(牡5歳)やアドマイヤアゼリ(牡4歳)らが2億5000万円以上で取引されていた、アゼリの2017(牡1歳)が1億円からセリをスタートして、1億4000万円で落札されるなど、今ひとつ伸びに欠ける傾向があった。

 この傾向については、セール現場でもたびたび話題に上がっていた。理由として語られたのが、ひとつは「コストパフォーマンス」で、もうひとつが「血の飽和」である。

 前者については、ディープインパクト産駒は確かに「当たり」が出やすいが、2億を超えると簡単には金額に見合った成績が出ない。前出のロイカバードやアドマイヤアゼリなどがその典型だ。とはいえ、血統がよく、ある程度の競走成績が残せれば、種牡馬ないし繁殖牝馬として残して投資を回収することが目論めるのだが、ここで問題となるのが後者だ。

 すでに2代前までにサンデーサイレンスの血を持つ馬だけでも飽和状態で、なかでもディープインパクトの血はより生き残りやすかっただけに、配合にも苦労する状況である。それが今年のセールでも顕在化されてきたということだ。

 その分、非ディープインパクト血統や、サンデーサイレンスからすでに世代を経ている血統の馬の評価が高まった。種牡馬でいえば、キングカメハメハやロードカナロアはもちろん、当歳馬が初年度のドゥラメンテやモーリス、意外なところではそのモーリスの父のスクリーンヒーローの産駒から億超え馬が現れたのも、それを顕著に表している。 果たして今後、ディープインパクトを越える「血統の力」は登場するのだろうか。その成り行きを見守りたい。