(新北中央社)中国の習近平国家主席が朝鮮戦争への参戦70周年を記念する大会での演説で、「祖国の神聖な領土の侵犯や分裂」を図れば「必ず痛撃を加える」などと述べたのに対し、蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は25日、戦争で台湾人民を脅すのはやめるべきだとの考えを示した。イベント出席時に取材に応じた蘇氏は、台湾人は何世代、何年にもわたって自由や民主主義を守ってきたとした上で、「誰とも衝突しない」と指摘。