スピルバーグが役者リリー絶賛、本職聞き「へぇ、そうなの???」。

写真拡大

9月28日より全国公開中の映画「そして父になる」が、スティーブン・スピルバーグ監督率いる米映画製作会社のドリームワークスによってリメイクされることが決定した。これに伴い、是枝裕和監督が緊急渡米。9月27日(現地時間)にロサンゼルスのドリームワークスオフィスにて、スピルバーグ監督と対談した。

カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した本作。スピルバーグ監督はそのカンヌで審査委員長を務めたいたが、「あの作品は本当に素晴らしかった。非常に高いレベルでのエモーショナルな感動があり、5月に見て感動して、それから6、7、8、9と4か月たっているのに、まだ同じハイレベルの感動が残っている。本当に素晴らしい。感動的で、カンヌで見てボクはボロボロ泣いていたんだけど、審査員室に入って行ったら、ほかの審査員もみな涙してたんだよ。リメイクさせてくれる決断をしてくれて感謝しています」と、映画祭の当時を振り返りながら手放しで絶賛。

これには是枝監督も「こちらこそ、スピルバーグさんが関わってくれること、とても嬉しいです」と喜びでいっぱいだ。

また、スピルバーグ監督からの「あの子供たちはどうやって演出したんだい?どのくらい時間をかけた?」との質問に、是枝監督が「脚本を渡さずに自由に演技させるというオーディションを3か月かけて行って、撮影に入ってからは、それほど時間かけずに。彼らの台詞を説明して、彼らの言葉で話してもらう、というような演出方法で……」と語ると、スピルバーグ監督は嬉しそうに「ボクも同じだよ!ETの時にはそうやって子供たちを演出したんだ!」と自身の代表作のひとつと重ね合わせた。

そして、「最後の福山さんと2本の道を並行するシーンは素晴らしかった。あれは、ロケーションが先なの? それとも脚本に書いてあったの?」と聞かれた是枝監督は「ロケーションを決めてから脚本を書きました。あの道には川の流れる音が聞こえてそれにとてもインスパイアされました」と回答。スピルバーグ監督も「だろ、ボクも自分のところにいる監督たちには、ロケーションは写真で決めずにきちんと自分の目で見ろと言ってるんだよ」と同意した。

役者陣について、スピルバーグ監督は「それにしても、みんな役者もよかったなぁ。父親は二人ともよかったけれど、特にpoor father(とボクは呼んでるんだ ※リリーのこと)はよかったなぁ。彼は評判高い役者なの?」と、特にリリー・フランキーに興味を持った様子。是枝監督が「いえ、役者ではなくイラストレーターです」とリリーの素性を明かすと、「へぇ、そうなの??? 素晴らしかったよ」と驚きの表情を浮かべた。

話は日本映画へと及び、好きな映画監督は共に「成瀬監督(※成瀬巳喜男監督)」。是枝監督は小津安二郎監督も好きなものの、どちらかと言えば成瀬監督のほうが好きだという。

さらにスピルバーグ監督から「英語で映画を作る気はないの?」とお誘いを受けた是枝監督。しかし、「興味はあるけど、言葉ができないのでハードルが高いんですよ」と率直に語ると、スピルバーグ監督は「ボクの友人のチャン・イーモウは、英語を全く話さないけれど、クリスチャン・ベールの目を見て判断していたよ。大丈夫だよ、できるよ」と背中を押した。これには是枝監督も「勇気づけられました。がんばってみようかな……」とちょっぴり前向きになったようだ。