等身大のオブジェがお出迎え

写真拡大

富士急行(山梨・富士吉田市)は、2012年4月14日、新東名高速道路の部分開通にあわせて、NEOPASA駿河湾沼津上り線の2階に、「Le Cafe de Gaspard et Lisa」(リサとガスパールカフェ)をオープンする。

限定のオリジナルグッズも

フランス生まれの人気キャラクター「リサとガスパール」がテーマとなっているこのカフェでは、オープンに合わせて原作者ゲオルグ・ハレンスレーベン氏が書き下ろした原画の展示や、入口でお出迎えをしている等身大のオブジェ、壁や天井に描かれた絵など、リサとガスパールの世界が堪能できる。

カフェスペースでは、リサやガスパールをモチーフにした「リサのベリーパフェ」や「ガスパールのチョコロールデザート」などのスイーツが、リサとガスパールが描かれた皿に盛って提供される。また、テイクアウトできるメニューもあり、「オリジナルスーベニアマグカップデザート」など、かわいいオリジナルの容器を持ち帰ることもできる。

また、併設のオフィシャルショップでは、ぬいぐるみやキーチェーン、絵本のほか、「トートバッグ入り紅茶」や「プリントラムネ瓶」、「オリジナル原画クリアファイル」など、ここでしか買えないオリジナルグッズも多く取り揃えられている。

オープン記念として、1000円以上利用の先着100人に、リサとガスパールオリジナルグッズがプレゼントされるとのことだ。