傷害事件の証拠である歯型 鑑識が取り違えて女性を誤認逮捕

ざっくり言うと

  • 滋賀県警が2019年秋、傷害事件をめぐって21歳女性を誤認逮捕した問題
  • 鑑識課員が証拠の歯型を別人のものと取り違えていたことが判明している
  • 県警は鑑識課に対し、注意にあたる「業務指導」を実施したことが分かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x