写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 目利きのある質屋の店主たちが、まんまと「偽セレブ」に一杯食わされた。

「AV撮影して流す」50代女性を脅迫し現金強奪した男逮捕

エルメス」の人気バッグ「バーキン」の偽物を質入れしたとして、大阪市の自称エステ経営者、広岡仁美容疑者(45)が27日、詐欺の疑いで兵庫県警生活経済課に逮捕された。

 広岡容疑者は2018年から20年にかけ、神戸市、芦屋市、西宮市の複数の質店に偽物のバーキン約50点を持ち込み、約5000万円を受け取っていた。

 その手口は巧妙だ。

「広岡は国内のエルメスの正規店を訪れ、VIPルームに入った際、スマホで撮影した動画を質店のスタッフに見せ、上客を装っていた。また実在するエルメスの店員の名前を挙げ、親しいことをアピール。高価なシャネルの服で身を包み、ホンモノのエルメスの財布をこれみよがしにカバンから出していた。偽バーキンと一緒に、正規店で購入したブランド品を意図的に質入れすることもあった。話し方や身なり、立ち居振る舞いなど、どこからどう見てもセレブっぽく、いかにも金を持っているって感じだったそうです」(捜査事情通)

■阪神間の複数の質店に持ち込み

 調べに対し、「本物だと思って仕入れた」とトボけているそうだが、自宅からは偽物のバーキンが数点押収された。商品はフリーマーケットから仕入れたとみられているが、それにしても鑑定のプロたちがなぜ、コロッとダマされたのか。

 広岡容疑者は「阪神間」の小さな質店に偽バーキンを持ち込んでいた。神戸市東灘区の御影や岡本、芦屋市、西宮市にはホンモノのセレブやマダムが居住し、地元の女子大のお嬢さまのほとんどが持っているといわれるぐらい憧れのバッグだけに、ニーズがあった。

「色や素材によっては欲しくても入手困難なものもあり、予約しても何年も待たなければならず、商品によっては希少価値がある。中には、いくらカネを出しても欲しいという金持ちもいるぐらい。中古品でも人気があります。モノがそれほど出回っていないため、入ると店の目玉商品になり、すぐに売れてしまう。利益率も高い。人気の品が手に入ることになり、質店は疑いもなく買い取っていた。それでよくよく調べてみたら偽物だということが分かったようです。広岡は質入れする際、本名を名乗り、住所と電話番号を記入していたため、すぐに特定された」(前出の捜査事情通)

 今のところ他の質店から被害相談はないそうだが、本物だと思い込んで肩に掛けているセレブがいるかもしれない。