5月31日、都内で食材を買っていたフジモンを直撃! ユッキーナに「お使いを頼まれることもある」という

写真拡大

5月31日、都内で食材を買っていたフジモンを直撃! ユッキーナに「お使いを頼まれることもある」という

 お菓子でパンパンに膨らんだビニール袋を両手に提げた中年の男が、カプセルトイを指さしながら、かたわらの姉妹に話しかけていた。ヒョウ柄のワンピを着た姉妹は、黄色のトースターのおもちゃをゲットし、大ハシャギ。だが、娘らが手を口元に伸ばした瞬間、目尻を下げていた“パパ”の表情が一変した。

「オイ! 口、触るなって!!」

 コロナ禍の“パパ”―藤本敏史(49)が見せた「厳しい父の顔」であった。タップリ1時間近く遊んでから、フジモンは前妻・木下優樹菜(32)から財産分与で譲り受けた愛車MINIに娘を乗せ、都心のタワマンへと帰って行った。 

 って、あれ⁉ つい先日、フジモンは『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で侘しい独り暮らしの食卓を公開していたはず。そもそも自宅は都心のタワマンではなく、「35年ローン」で買った世田谷区の高級マンションだったはずだが……。

「昨年の大晦日に離婚を発表して、年が明けてから家族で都心のタワマンに引っ越したんですよ。私が聞いた限り、フジモンとユッキーナの新しい住所は完全に一致しています」(芸能プロ幹部)

 たしかに、本誌はこのタワマンで毎日のようにフジモンを目撃。その多くがスーパーでの買い物の帰り道だった。

 実はこの店、前妻も利用している。

 その数日後には、ユッキーナのベンツとフジモンのMINIが連れ立って帰ってくる場面に遭遇。もはや、同居は疑うべくもない。フジモンを直撃すると家族でこのマンションに住んでいることを認めた。ただ、ユッキーナとは別々に部屋を借りているという。

――離婚したのに同じマンション?

「子どもの学校や送り迎えがあるので」

――食材を大量に買っていましたが、家族で一緒に食事しているのですか?

「毎日というわけではないです」

――家族で出掛けることもある?

「子どもたちと一緒にね。(ユッキーナと)二人ではないですね」

――離婚しなくてもよかったのでは?

「夫婦であるがゆえに、細かいことが気になったり、『あんまり言いたくないけど、ここは注意せなアカンな』というところが出てくるんですよ。でも、夫婦じゃなくなると、それがあまり気にならなくなるというか……。別れた後も友達関係を続けるカップルの方がいらっしゃるでしょ? それに近いのかな」

 ここフジモン一家にも「新しい生活様式」があるようだ。

6月5日発売の「FRIDAY」最新号では、フジモンが語った「一つ屋根の下」での共同生活の全容を貴重なユッキーナの近影とともに詳報している。

PHOTO:西原 秀

詳細の書かれた本誌記事はコチラ